Death in Balibo

1975年10月16日、東チモールの村バリボで、5人のジャーナリストが殺された。四半世紀たってもなお、彼ら非武装の一般市民の運命は、イギリス、ニュージーランド、オーストラリアの良心を悩ませ続けている。
本の紹介はこんな風にはじまる。東チモールは独立のときにこそいろんなことがマスコミを通じてわかったんだけど、東南アジアのこの小さな島にどんな歴史があったのか、デズが書いた本だから読んでみようという気になったんだけど、結構面白いので、訳しながら読むことにした。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s