e-book lent at library 2

NY図書館で電子図書の貸し出していることを紹介したけれど、amazonのKindle本棚からどうやって本を返却するか、が判明しました。

貸し出し期日(2週間か3週間)がくると、ほんとに書棚から消えるのだ。 でも、ぽわーんと消えるのじゃないくて書影だけは残ってるの、本棚に。で、その書影をクリックすると「期日が過ぎているので、図書館で借りるか、アマゾンで購入する」というメッセージがでてくる。 おー、ちょーウマイ仕組みじゃない?これって。 でも、借りている本にもメモとかいろいろつけることができるみたいで、メッセージには、「図書館で借りる場合は、以前のメモやブックマークがそのまま使用できます」って書いてあった。 じゃあ、買う必要はあるのか? と不思議に思ったけど。

それと、PDF形式でダウンロードを選んだ場合、も試してみた。 PDFでダウンロードしたら、amazonみたいに中間で管理する団体がないじゃん、って思っていたけど、ありました! そうですよ、ADOBEですよ。

いま、ほとんどのコンピューターでPDFを読むことができるので、もう気にもとめてなかったけど、そりゃAdobeがリーダーを無料提供しているからということを改めて認識しなおしました。 だから、殆どの人はAdobeにアカウントを持ってるんですよね、無意識に。(って、無意識なのは私だけかもしれません)

私ももうすーっかり忘れてたAdobeのアカウントを聞かれ、はて??とおもって新規登録しようとしたら、「そのメールアドレスは登録されています」とメッセージが返されて、はた、と気づきました。

図書館経由で貸し出された本はAdobeのDegital Editionsを自分のPCにインストールすることで読めるようになります。Amazonのように、Abobeが貸し出し期日などを中間管理していました。

日本の図書館は完全に公営で、市などの自治体が税金で運営しているので、このように企業との共同管理って難しいでしょうねぇ。 大学のサイトで本の紹介をつくっていたときも、ダウンロード先を一社に特定しないようにって気を使っていたくらいですから。

この様子だと、日本の電子図書はまだまだ日の目を見そうにありませんね。

ちなみに、NY図書館の電子図書には少ないですけど、日本語の本も読めました。 西村京太郎の本が数冊、それと日本の歴史のマンガバージョン。 そうなんですよー。 私がPDFで借りた本は、徳川家康のマンガバージョンでした(笑)

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s