Fatima’s Story 7/7 – HONY in Pakistan

昨日までで4万人の人たちがファティマと債務労働者を助けようと12時間以内に100万ドルを超える寄付をしてくれました。現在のところ資金調達は140万ドルにもなっています。寄付にピークはありません。「見返りのレベル」もありません。うそ偽りのない哀れみと、現代の奴隷制度で窮地に陥る人々を自由にすることに、人生を捧げた女性に公的な権限を与えたいと思う気持ちがあるだけです。ほんとうにありがとう。ファティマは、私がまもなく投稿する声明を用意しています。 このシリーズの最後は、皆が公的な権限を与えた人物の物語で終えたいと思います。

これは自身の安全や快適よりも人間愛にコミットした人物の、数多ある逸話の1つです。

最近、債務の罠に落ちた家族がファティマと連絡を取りました。彼らは窯所有者から逃れることができず、家族の女の子が所有者から性的虐待を受けているとのです。ファティマはすぐさま車に乗り込み、真夜中にその窯に向かいました。彼女は家族に逃げるように言いました。所有者が起きてきて銃を発射し始めました。家族が車までこれましたが、一番小さな4歳の女の子が転び、捕まってしまいまいました。

女の子は3カ月の間、行方不明でした。ファティマは裁判所に行き介入を懇願しましたが、警察は窯を捜索したけれど女の子は発見できなかったと主張するばかりです。

「眠れなかった。毎晩、ベッドに横になると残忍な奴らの手中にいる小さな女の子のことが浮かんでくるの。どうすればこの子を助けることができるか、一晩中考えてた」

ファティマは数人の労働者を雇って、ボロを着させて、労務者の振りをして窯へ行かせました。数日間、女の子を探しましたが見つけることはできませんでした。しかし、所有者の家からひっきりなしに聞こえてくる泣き声を耳にしました。

ファティマたちは裁判所に行き、家の中を捜索するように要求しました。女の子は見つかりました。しかし女の子は数週間も食べものを口にせず、話したり泣いたりもしないのです。ファティマは女の子が食事を欲しがって泣くたびに所有者にぶたれていたことを知ったのです。

(Lahore, Pakistan)
(7 of 7)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s