Humans of New York, refugee stories

親父は農夫で俺たちは8人兄妹だった。充分に食えなかったから、15歳のときにオーストラリアに行った。ボートで4日もかかった。着いたら、仕事が見つけられない。英語が話せなかったしね。道端で寝起きした。だから、それがどんなもんかよく知ってんだ。

毎日港までバンを走らせて難民にパンを配ってんだ。息子はビジネス・パートナーなんだけど、「父さん、助けるのはいいけど、毎日はやめてくれよ」というんだ。

それでも俺は毎日いく。何にもないってのがどんなもんだか、知ってるからさ。

(ギリシャ、コス)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s