Kindle with Special Offers

私は、どうも With Special offers というのを注文したらしい。
毎回、スリープモードにするたびに新刊のコマーシャルとかがでてくるので、設定でどうにかなるかとおもったら、そうじゃなくてデバイスそのものを購入するときに with special offers となっていたみたい。

新刊の案内なんで、最初は気にならなかったけど、だんだんとこれが目についてくる。スリープモードだけじゃなくてバナーなんかも出ていてることに気づいたら、もうこれがうっとおしくて仕方ない。

お金を払ったら広告を削除してくれる(もともとSpecial offer版は少し安い)というので、ヘルプを参照したけど、ヘルプの指示通りにできない。いろいろ検索したら、お金払わなくても広告消せるよ、というYoutubeの動画をみつけた。

で、彼のゆうように、ヘルプからチャットを申し込むと、無料でさくっと広告なしバージョンにしてくれた。 もう、なんかヘルプをいちいち読むより、このチャットがなんでも解決してくれるよね、ほんま。

キンドルで日本語の電子本も買えるようになったので、ほくほく本を読んでると、文章のよこに点線がひかれている。なんだ?とよく見てみると「○○○人がハイライト(って文章だったかどうか確かじゃないけど、そんな風な感じ)」って出ている。

これ、非常にキモチワルイ。キンドルの「ハイライト機能」に「シェア」というのが、この張本人のようだ。自分が気になったところをハイライトつけておくのは便利なんだけど、なんでそれを他人とシェアするの? と思ってたんだけど、そういうことだったんや!

特に小説なんか読んでるときに、「○○○人が・・・」なんて出てきたらギョッとする。誰がどこをハイライトしてようが、読むっていう非常に個人的な作業が、いきなり公けの場に引きずり出された気持ちがするし、それに誰がどこをハイライトしてるかどうかなんて、知りたくもない。 それtも、いまは皆、そんなこと知りたいのかなぁ。

なんか、いろいろと気持ち悪いなぁ、キンドル。 本読むだけの単純なデバイスでいてください。なんにもせんでいいから。

Advertisements

2 thoughts on “Kindle with Special Offers

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s