Humans of New York, TheSryan American Story

(2/3) 出会いは間違い電話だったの。数分間話すことになって、会話のしまいに、彼はまた電話をかけてもいいかいって言った。毎日電話をかけてくるにようになるまで時間はかからなかった。

そこにロマンチックな感覚はなかったわ。彼から悪意を感じたことはなかった。ただ、誰かと話すことが彼には必要だったの。毎日のささいなことを教えてくれた。何時間も話した。彼からの電話が私の一日のハイライトだった。私も難民だった。私もまた、孤独だったの。

だから、自分の部屋で、座って電話が鳴るのを待った。最終的に実際に会うことになった。でも、私は7歳も年上だった。彼が結婚のことを口にするなんて期待したことなんてなかった。

それでもある日、彼が私の家族に会いにきたいって言ったのよ。

(ヨルダン、アンマン)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s