Movie : Pariah

(2007)(2011)
Director: Dee Rees
Writer: Dee Rees
Stars: Adepero Oduye, Kim Wayans, Aasha Davis

男の子のような服装をし、ふるまう10代のゲイの女の子に起こるべくして起こる家族との葛藤、学校での疎外感、友情、裏切りと対面していく。

日ごろはあまり思い出さない10代のころがぼんやりとよみがえってくるような映画だった。しっかりと固まっていない自我とか、同じ年頃の周囲に振り回されながら、ひとつずつ自分で選んできたこととかそんなことを思い出した。家で映画をみるとすぐに寝ちゃうサムも最後まで見てたのは、娘3人を育てていた時のいろんなことがまざまざとよみがえってきたから。

主人公のAlikeがだんだんと自分を確信していく姿が印象深い。家を離れることを選択したとき、あふれでる言葉が強い詩として表現される。混乱しながらも前進するのがいい。エグゼクティブ・ディレクターにスパイク・リー、ジェフ・ロビンソン、サム・マーチンを迎えた作品は、そういう感じの作品だなぁと最後のテロップに名前がでてきたときに納得した。

十代のころに女の子が女の子に特別な感情を抱くのは、男の子のそれよりも容易に想像できるのは自分が女性だからかなぁ、とか、そんなことを映画を見終わった後話してた。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s