NY ID Card

20160105_153058英語で書いてて長くなったので、日本語は別だてにすることにした。

年末にサムと私はNY ID カードというものを取得した。身分証だけど、私たちは運転免許証や他に有効な身分証を持っているので特に必要としたわけでもないけど、これにはいろんな特典がついてくるのだ。たとえば、いろんな自然史博物館やメトロポリタンなんかは寄付制度なのでこれがなくても安いのだけど、ニューヨーク・バレエとかブルックリン美術館とか、それに貸し自転車のCity Bikeも15%引きとか。

去年1月にこのカードができてからすでに67万人も申し込んでいるらしい。カードがつくられた目的は、移民ビザを持っていない人たちに身分証をつくることだった。身分証があれば、子どもの学校に出入りするときや、なによりも銀行口座を開くことができる。私も移民してきた当時、身分証がなくて大変だったからよくわかる。

確かにこの身分証で銀行口座を開くことができるとデブラシオ市長も宣言したのだ。だけど、NYで大手の銀行、たとえばバンク・オブ・アメリカとかJPモルガンとかシティ・バンクとかはこれを身分証として口座を開くことはできない。銀行が拒否するらしい。

ニューヨークタイムズでその理由を解説してたけど、なんでも近年、銀行が査察を受けた時にテログループや麻薬グループのマネーロンダリングに使われて罰金をしこたま払わなくてはならなかったからだとか。でも、小さな銀行は受け付けるんだから、本当のところはなぜなのかわからないけど。

いま、日本ではマイカードというのを交付中らしい。友人のなかにもこれを拒否している人がたくさんいるみたいだ。マイカードのシステムはよくわからないけど、こちらのソーシャル・セキュリティ・ナンバーみたいなもんかなと想像してる。日本はいまからナンバー制度を導入しようとしている一方、とっくに背番号制度になっているアメリカは、もっと柔軟なローカルナンバーも導入しようとなっている。なんだかなーって感じなんだけどね。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s