Daily Archives: February 8, 2018

Queer Eye is back!!

妹のお気に入り番組だった「Queer Eye」がネットフリックスの新番組となって帰ってきた。番組は、5人のゲイがそれぞれ、ファッション、グルーミング、カルチャー、フード、リビングエンバイロンメントを担当して、さえない男を改造する番組。

番組は2003年からはじまって、当初はゲイに対する偏見を取り除くことが目的だったけど、今回の目的はAcceptance、受容することが目的だそうです。

ネットフリックスの担当者によると、「アメリカが分裂し未来が不透明になるなかで、5人の勇敢なチームが笑いと真心、そしてちょっとしたモイスチャライザーを効かせて人々を近づかせる。エミー賞受賞番組クィアー・アイがアメリカを再びすばらしくするために戻ってきました。新しいファブ5と番組には最も厳しいミッションが課されています。『クィアー・アイはビッグアップルのレッド・ステートをピンクに変えていくーひとつずつ』」のだそうで、収録は共和党ゴリゴリのアメリカ南部、ジョージア州アトランタを中心に行われている。

3話まで見終えたんだけど、毎回感動。3話目は特に、南部の警官を変えるというミッションで、番組当初に5人が車で現場に向かっているところ、パトカーに停車しろと求められる。運転していたのが黒人のKaramo Brownだったので、昨今続いている警官による黒人差別、銃発砲、暴力、みたいな一連が脳裏をよぎる。呼び止めた警官は実は仲間の変身を申し込んだ本人だったと分かり一安心。

番組中、Karamoと警官が二人きりで車のなかで会話するシーンがあった。二人とも、それぞれの困難さを正直に話しあう。警官もそうだけど、Karamoのほうもにも警官に対する偏見がすこしやわらいで、気持ちが癒されたっていうところがじんときた。番組が終わりに近づいたとき、警官が目の周りを真っ赤にして「今回の収録の中で、Karamoで交わした会話が一番心に響いた。ああいうことを話せて、ほんとうによかった」って涙をながす。ほんと、感動した。

警官と黒人の間の緊張は、核心の問題は銃社会ということと司法制度の問題があるとおもうのだけど、発端はすこしのあいだ置いとくとして、派生した差別問題をこうやって近づいてほぐしていくために、リアリティショーを使うっていうのはすごいアイデア。日本でもぜんぜん取り入れられることだと思うけど、政治問題をとりあげたコメディアンが番組から降ろされるような空気じゃ無理なのかもしれないね。でも、マスメディアでできないことなら、小さいメディアでできるし、そのためにネットを利用すればいいんじゃんね? アメリカでもこれはネットフリックスだからできたのかもしれないし。でもまあ、ネットフリックスも大きなメディアだけどね。

Advertisements