Category Archives: Making

Howthorn サンザシ n Arnica アルニカ

Arnica Flowers アルニカ(左):アルニカの花から抽出したエキスは暗褐色透明な液体で保湿作用や皮膚をひきしめる作用等があり、スキンケア、シャンプー、コンディショナー等さまざまな化粧品に使用されてるらしい。打撲やねんざの鎮静薬にもつかわれる。筋肉をほぐすマッサージオイルが人気。

Howthorn セイヨウサンザシ(右):毛細血管のうっ血を抑制して皮膚の炎症を軽減させる。血圧の低いも高いもいいらしい。胃腸の調子を整える。実は生でもドライフルーツでも。中国漢方では副作用のない上薬。ヨーロッパではメイフラワー、アメリカではハウソーン。庭に一本欲しいな。

アルニカはドライをマウンテンに注文。サンザシはエキスを。この抽出液をつくって化粧水にしてみる。顔が赤いのに効くらしいが、血圧下げるのとお酒をやめたほうがきっと効果があるだろうな。

ArnicaMontana

Pyracantha_coccinea_fr

Miso 2015

11742805_10206298530974692_5844521012267233370_n Make a miso every year, it is become one of the yearly events. Usually, after make miso paste, i store it in the refrigerator,  but i leave it in room temp in this year. Yesterday, I open it for show to Carlos how it looks like. then it color is different already, and you can taste some sweetness. beautiful taste. i lean that should leave in room temp at least summer. temp doing good job!

毎年恒例の味噌づくり。いつもは冷蔵庫にいれて保管するけど、今年はキッチンの片隅においておいた。きのう、カルロスに見せてあげようとおもって取り出してみたら、色がいつもと違う。味も、もうすでにふんわりとした甘味がある。ものすごくいい感じ。やっぱり味噌は夏になるまでは室温においておいたほうがよかったんだ。学習しました。

Old Fashioned Doughnuts

  • OPF  200g
  • Butter 30g
  • Egg   1
  • Sugar 80g
  • Baking powder 2 teaspoon
  • Vanilla Essence

or

1 cup sugar
4 teaspoons baking powder
1 1/2 teaspoons salt
1/2 teaspoon nutmeg
2 eggs
1/4 cup unsalted butter, melted
1 cup milk
4 cups flour (plus a little more if dough is sticky)
oil (for frying)
cinnamon sugar

Read more at: http://www.food.com/recipe/old-fashioned-cake-doughnuts-383868?oc=linkback

Supermarket Harblism day 3:upset stomach remedy

駆け足で三日目もいってみよう。

三日目は、胃腸薬としてのカモミール、またはペパーミントティ。

そう、そのままやの。なんの変哲も、技術も、特別な仕掛けもなく、ティーバッグのティー。
カモミールやペパーミントは、胃腸の調子を整え、ガスを抑え、胸焼けを鎮める効果があるのだそうだ。
簡単すぎて拍子抜け。 まあ、風邪気味でしんどいなーってときは生姜茶を、胃が重いなーってときはペパーミントをって感じです。
新しい情報としては、ペパーミント茶をつくるときは、20分はティーバッグをお湯にひたしとけってことかな。
しかし、20分浸したら、冷たくなってるから、温めなおさないとあかんわ。やっぱりポットが必要やなぁ。。

カモミール:鎮静作用、鎮痛作用、発汗作用、消炎作用、保湿作用、殺菌作用、利尿作用、健胃作用、抗ヒスタミン作用など。
スペアミント:消化促進作用、リフレッシュ作用など。 また、腸内に溜まったガスを減少させる

Supermarket Herbalism day 2

二日目。

ということだけど、年末はサムんちの長女が娘をつれてきてたので、年明けになってしまった。

1日目に買った材料をすべて使うのかと思ったら、そうじゃなくて二日目はジンジャーティーの作り方だった。

ざくっと二日目の要旨をいうと、まあ、辞書とかで仮に「生姜」とひいてみると、その効用とかがずらずら書かているよね。日本語のサイトでみつけたのは

消化促進作用、殺菌作用、鎮痙作用、駆風作用、発汗作用、去痰作用、制吐作用、血行促進作用など。
http://www.syeep.com/sh/herbtea1/jinnjya-.htm

GINGER (Zingiber officinale) possesses strong antibacterial activity against several food bourse pathogens such as E. coli and salmonella, it is the choice herb for treating colds and flus, it reduces and eliminates diarrhea, relieves pain, stimulates immune activity, reduces inflammation, has clinical uses for burns, and has been found effective in the treatment of cataracts, heart disease, migraines, stroke, bursitis, fatigue, coughs, fever, kidney stones, sciatica, tendonitis, viral infections, indigestion, and dizziness….

とある。作用だけ個別に書いてあるし、参照するにはいいけれど、ハーバリストをめざす多くの人が挫折するのもここらへんが原因じゃないか、と。つまり、自分の病気とハーブを結び付けることがむずかしい。

ということで、ジンジャーティ。 つまりは今日は自分が風邪をひいていると仮定して、ジンジャーティをつくってみるのです。という感じでした。 ビデオをみると、そのおおざっぱさ加減がよくわかる。まあ、とりあえずは二日目終了、ということで。