Category Archives: Reading

Movie: the Day After, Hong Sangsoo

母の日はサムとハルと三人でフィルムセンターにホン・サンスー監督の「The Day After」をみてきた。この監督の映画はハルに耳タコほど聞かされていたけれど、みるのははじめて。この監督は、映画の設定だけをつくって、あとは俳優のアドリブだけで映画を撮っていくのだそうだ。映画のなかでも、これって言葉につまってるんだろうなぁってシーンが何度かあって、そういうのに慣れてる女優さんと慣れてない男優さんの差がはっきりでてて、そういう意味では面白かった。実験映画みたい。

よくある、といえばよくある人生の一シーンで、中年をすぎた物書きが、つい転んでしまった事務所で働く若い女の子との関係をもてあまして、さりとて切り離すこともできずに途方に暮れてる、そういう映画。キム・ミニが可愛くて、クォン・ヘヒョがいい年してなさけない、そんな映画でした。

Advertisements

Queer Eye is back!!

妹のお気に入り番組だった「Queer Eye」がネットフリックスの新番組となって帰ってきた。番組は、5人のゲイがそれぞれ、ファッション、グルーミング、カルチャー、フード、リビングエンバイロンメントを担当して、さえない男を改造する番組。

番組は2003年からはじまって、当初はゲイに対する偏見を取り除くことが目的だったけど、今回の目的はAcceptance、受容することが目的だそうです。

ネットフリックスの担当者によると、「アメリカが分裂し未来が不透明になるなかで、5人の勇敢なチームが笑いと真心、そしてちょっとしたモイスチャライザーを効かせて人々を近づかせる。エミー賞受賞番組クィアー・アイがアメリカを再びすばらしくするために戻ってきました。新しいファブ5と番組には最も厳しいミッションが課されています。『クィアー・アイはビッグアップルのレッド・ステートをピンクに変えていくーひとつずつ』」のだそうで、収録は共和党ゴリゴリのアメリカ南部、ジョージア州アトランタを中心に行われている。

3話まで見終えたんだけど、毎回感動。3話目は特に、南部の警官を変えるというミッションで、番組当初に5人が車で現場に向かっているところ、パトカーに停車しろと求められる。運転していたのが黒人のKaramo Brownだったので、昨今続いている警官による黒人差別、銃発砲、暴力、みたいな一連が脳裏をよぎる。呼び止めた警官は実は仲間の変身を申し込んだ本人だったと分かり一安心。

番組中、Karamoと警官が二人きりで車のなかで会話するシーンがあった。二人とも、それぞれの困難さを正直に話しあう。警官もそうだけど、Karamoのほうもにも警官に対する偏見がすこしやわらいで、気持ちが癒されたっていうところがじんときた。番組が終わりに近づいたとき、警官が目の周りを真っ赤にして「今回の収録の中で、Karamoで交わした会話が一番心に響いた。ああいうことを話せて、ほんとうによかった」って涙をながす。ほんと、感動した。

警官と黒人の間の緊張は、核心の問題は銃社会ということと司法制度の問題があるとおもうのだけど、発端はすこしのあいだ置いとくとして、派生した差別問題をこうやって近づいてほぐしていくために、リアリティショーを使うっていうのはすごいアイデア。日本でもぜんぜん取り入れられることだと思うけど、政治問題をとりあげたコメディアンが番組から降ろされるような空気じゃ無理なのかもしれないね。でも、マスメディアでできないことなら、小さいメディアでできるし、そのためにネットを利用すればいいんじゃんね? アメリカでもこれはネットフリックスだからできたのかもしれないし。でもまあ、ネットフリックスも大きなメディアだけどね。

1. Wanderlust: A History of Walking

walks_h1-356x520

著者:レベッカ・ソルニット
翻訳:東辻賢治郎

装幀:松田行正+杉本聖士
カバー写真:Charles C. Pierce

定価:本体4500円+税

四六版上製/520ページ

978-4-86528-138-5

 

今年の一冊目。東海道や中山道、熊野古道からお伊勢さん、そして出雲大社。大樹が大学を卒業してからのこの3年の間に歩いた道。長距離を歩くことを知りたくて読み始めた。

人間の特徴、二足歩行で歩くことが、思考と文化、社会とどのように結びついてきたのかという問いを片手に、ずいぶんと遠い時間の昔から現在にいたるまでを歩いていく本。ルソーやワーズワースの話も面白かったけど、イギリスでは歩くことが所有地の侵入に結びつき、やがて自由に歩くことが個人の権利の象徴となってくるっていう話も面白かった。あと、シエラクラブと東海岸の詩人との結びつきとか。フランスで、ストリート・ウーマン/娼婦の歩くパリの話もよかったなぁ。

楽しく読めたし、外にでたくなったし、文章も書きたくなる本だった。

Play:Latin History for Morons, by John Leguizamo

We went to see “the Latin history for Morons”. He was fantastic! and he is very right to said — if you don’t know your history, you will be invisible in this society, because Majority history don’t tell minority one at school —

ブロードウェイのスタジオ54でやってる、ジョン・レグィザモの一人芝居、「ラテンヒストリー・フォア・モラン」を観ました。おなかがよじれるくらい笑った。
芝居は、彼の息子が学校でいじめにあって、彼が父親として息子にラテンの歴史を話そうとして実は自分も知らなかったことが多いというのに気づいたのがきっかけで作ったそう。

学校では何も教えてくれないけれど、実はラテン系の人たちはアメリカの建国にもおおく関わっている。歴史教科書からはラテン系について何も学べなかったけど、一番目を開かせてくれたのはハワード・ジンの「People’s history of America」。現地のインディアンの知恵の深さ、すぐれた文明を知ればしるほど、西洋文明のもたらしたものが何だったかわかってくる。白人でもなければ黒人でもない、自分の歴史を知らなければ、この社会で「見えない存在」になってしまう。

舞台ではラテン系のことを話しているのに、何度も「そうそう!」とうなづいてた。私が朝鮮学校に行ってて一番感謝しているのは、もちろん言葉が話せるということもあるけれど、それより大きいのは、日本で生まれて育った自分がなぜ「朝鮮/韓国籍」なのか、朝鮮半島っていったいどんなところなのか、そういった歴史を学べたことだったとおもう。そういったことを知るのは、他者を攻撃するため(この芝居ではコロンブスに代表される西洋だったけど)じゃなくて、自分の存在を肯定するためにあるのだと、超笑いながら確信させてくれた芝居でした。おすすめ。

Movie: Okja

ネットフリックスで配信された「Okja」をハルと一緒にみた。まあ、一言でいえば「友だちを食べないで」だけど、友達じゃない鶏とかは好物なの、という映画でした。最近はCG系の映画を見る機会がぐんと減ったせいもあるかもしれないけど、CG技術ってすごくなったなぁっておもった。あと、最近はやりのチョゴリをモチーフにしたドレスとか、衣装もかわいかった。

でも、一番反応したのは、オッチャ(これ、漢字をあてると玉子=タマコじゃんと1人笑い)の腹の上に眠るミジャをみて「トトロ!」、そしてたくさんのスーバー・ブタのなかからオッチャを探すミジャをみて「千と千尋!」、てな具合で、ところどころのスタジオ・ジブリへのオマージュを堪能したことかな。

Book: Reflections on the Revolution in Europe

images

by Christopher Caldwell

Publisher: Anchor (July 23, 2009)
Publication Date: July 28, 2009
Sold by: Random House LLC
Language: English
ASIN: B002IPZKDC

 

 

 

Contents
Part I. Immigration
Chapter 1. Rivers of Blood

the right and wrongs of Enoch Powell–How much immigration is there? — Muslim immigration — Europe’s population problem — Civilization and decadence — Diversity is overrated — Can you have the same Europe with different people?

Chapter 2. The Immigrant Economy

How postwar migration came about — The unprecedented scale of recent immigration — The capitalist argument: Rescuing moribund industries — Jobs nobody wants — The socialist argument: Rescuing the welfare state

Chapter 3. Who is Immigration For?

Good immigrants and bad — Is immigration for natives or immigrants? — Welfare and white flight — Polish plumbers — Barcelona or death — The duty of hospitality — Asylum and human rights — Asylum and democracy

Chapter 4. Fear Masquerading as Tolerance

Neutrality and political correctness — The criminalization of opinion — Grievance groups — Diversity and self-loathing — Second-class citizens

Part II. Islam
Chapter 5. Ethnic Colonies

Europe’s historic understanding of Islam — Muslim populations, present and future — Rejuvenation of run-down neighborhoods — Architecture and segregation — Lawless zones — Segregation or self-segregation? — Spaces of sharia — Violence, crime, and rioting — The banlieue riots and Islam — Tribalism, ideology, and escalation

Chapter 6. An Adversary Culture

Jus soli and jus sanguinis, assimilation and integration — The illusion of diversity — Islam as a hyper-identity — Dual loyalty — Humiliation and Islamophobia — Muslims and U.S. blacks

Chapter 7. Europe’s Crisis of Faith

Religious resurgence — Islam and European believers — Islam and Europen unbelievers — Benedict XVI: New ideas about belief and unbelief — Western sympathy with, and conversion to, Islam — The European model of managing religion — Organizing religious bodies — Freedom of religion = Freedom of Islam — The Danish cartoon crisis

Chapter 8. Rules for Sex

Sexual freedomas a nonnegotiable European demand — Virginity and violence — Islam or custom? – The appeal of sharia — Arranged marriages — The Danish marriage law — Controversies over the headscarf — The French veil law — Compulsory liberation

Part III. The West
Chapter 9. Tolerance and Impunity

Political self-assertion as a turning point — Intimidation an self-defense — The politics of terror — Anti-Semitism and anti-Zionism — “The communism of the twenty-first century”

Chapter 10. Resistance and Jihad

Poverty, occupation, lost grandeur, and other grievances — Islam and violence — “Islam is peace” — Moderate Muslims — Tariq Ramadan and double language — Resistance and jihad

Chapter 11. Liberalism and Diversity

Immigration, Islam, and the European Union — The project to bring Turkey into Europe — PIm Fortuyn and the weakness of the West — “Rightism” and “fascism” in the context of immigration and Islam — The Danish People’s Party — Nicolas Sarkozy and the strength or he republic — Affirmative action

 Chapter 12. Survival and Culture

Europe’s duty to the world — European emancipation from America — The American model of a multiethnic society, and the Ottoman model — From “Islam is peace’ to “Love it or leave it” — Two types of utility 

 

Movie: Moonlight

My impression was it was very literary movie, of young black guy as a gay in mid 80’s Miami. Story it self was not special, but you can feel the color, air and touch of life of the young boy.
とても文学的な映画。特別な物語はないけれど、映画の色や、流れる空気、水、感触が、湿気をたっぷり含んでいて心にまとわりつく感じ。LGBTQを題材にした映画がグラミーをとったのが初めて、と話題になってるけど、この映画にはそういう称号は必要ないとおもう。ゲイであろうが黒人であろうが貧しかろうが、切ないものは切ないし、愛しいものは愛しい。人間って悲しいし愛しい。

Release date: October 21, 2016 (USA)
Director: Barry Jenkins
Box office: 55.7 million USD
Awards: Golden Globe Award for Best Motion Picture – Drama, More
Producers: Adele Romanski, Dede Gardner, Jeremy Kleiner
Directed by Barry Jenkins
Produced by Adele Romanski, Dede Gardner, Jeremy Kleiner
Screenplay by Barry Jenkins
Story by Tarell Alvin McCraney
Based on In Moonlight Black Boys Look Blue

Starring
Trevante Rhodes
André Holland
Janelle Monáe
Ashton Sanders
Jharrel Jerome
Naomie Harris
Mahershala Ali