Korean woman activist in 1919

ニューヨークタイムスから、日帝時代に活動した女性運動家の紹介

Overlooked No More: Yu Gwan-sun, a Korean Independence Activist Who Defied Japanese Rule

When a call for peaceful protests came in spring 1919, a schoolgirl became the face of a nation’s collective yearning for freedom.


2018y04m01d_123129129

要約:1919年3月1日の3.1人民蜂起で16歳のユ・グァンスンが自由の象徴となった。グァンスンは梨花学堂の学生。3月1日、日本の植民地支配に反対し朝鮮の独立を求め、級友と一緒に行進に参加した。翌日、梨花学堂で学生運動の動員をうけたグァンスンらは5日に南大門で行われた行進にも参加。そこで日本の警察に拘束されるも、学校側の働きで釈放される。

植民地政府は3月10日、すべての学校閉鎖を命じた。数日後、故郷の忠清南道に戻ったグァンスンは密かに持ち帰った「独立宣言」を手に、村から村へ3・1運動を地域の住民に伝え抗議活動を組織した。

日本当局が蜂起を鎮圧するまで、2000万人の人口の内約200万人が1542の独立を求めた行進に参加した。7000人以上が殺害され、グァンスンを含むおよそ4万6000人が拘留された。グァンスンは西大門刑務所に送られた。

西大門ではグァンスンは他の囚人の開放を要求し、朝鮮の独立を求めた。「私の爪が裂け、鼻と耳がもがれ、腕と足が痛めつけられても、この肉体的な痛みは国を失う痛みとは比べ物にならない。残念なのはただ一つ、私の人生を国に捧げる以上のことができないことだ」

1920年9月28日、地下牢に移され拷問をうけたグァンスンは17歳で死亡。最後まで「日本は負ける」と言い続けた。

グァンスンは1902年12月16日にキリスト教宣教師の父のもと5人兄妹の次女として生まれた。キリスト教や伝統的な儒教の価値観からナショナリズムと市民意識を父から教わる。3世代にわたって9人の家族が独立運動にかかわっている。

2015年8月、鳩山元首相が西大門を訪れ「元首相として、日本国民そして人間として、今日、心の底から、ここで拷問され殺された人々に心からお詫びを申し上げます」と述べた。鳩山元首相はグァンスンが拘留されていた西大門の刑務所にも、日本の首相としてはじめて訪れた。

 

 

Advertisements

NYC vs Oil giants 2

ニューヨーク市の起訴に対する感謝。ナオミ・クライン

Queer Eye is back!!

妹のお気に入り番組だった「Queer Eye」がネットフリックスの新番組となって帰ってきた。番組は、5人のゲイがそれぞれ、ファッション、グルーミング、カルチャー、フード、リビングエンバイロンメントを担当して、さえない男を改造する番組。

番組は2003年からはじまって、当初はゲイに対する偏見を取り除くことが目的だったけど、今回の目的はAcceptance、受容することが目的だそうです。

ネットフリックスの担当者によると、「アメリカが分裂し未来が不透明になるなかで、5人の勇敢なチームが笑いと真心、そしてちょっとしたモイスチャライザーを効かせて人々を近づかせる。エミー賞受賞番組クィアー・アイがアメリカを再びすばらしくするために戻ってきました。新しいファブ5と番組には最も厳しいミッションが課されています。『クィアー・アイはビッグアップルのレッド・ステートをピンクに変えていくーひとつずつ』」のだそうで、収録は共和党ゴリゴリのアメリカ南部、ジョージア州アトランタを中心に行われている。

3話まで見終えたんだけど、毎回感動。3話目は特に、南部の警官を変えるというミッションで、番組当初に5人が車で現場に向かっているところ、パトカーに停車しろと求められる。運転していたのが黒人のKaramo Brownだったので、昨今続いている警官による黒人差別、銃発砲、暴力、みたいな一連が脳裏をよぎる。呼び止めた警官は実は仲間の変身を申し込んだ本人だったと分かり一安心。

番組中、Karamoと警官が二人きりで車のなかで会話するシーンがあった。二人とも、それぞれの困難さを正直に話しあう。警官もそうだけど、Karamoのほうもにも警官に対する偏見がすこしやわらいで、気持ちが癒されたっていうところがじんときた。番組が終わりに近づいたとき、警官が目の周りを真っ赤にして「今回の収録の中で、Karamoで交わした会話が一番心に響いた。ああいうことを話せて、ほんとうによかった」って涙をながす。ほんと、感動した。

警官と黒人の間の緊張は、核心の問題は銃社会ということと司法制度の問題があるとおもうのだけど、発端はすこしのあいだ置いとくとして、派生した差別問題をこうやって近づいてほぐしていくために、リアリティショーを使うっていうのはすごいアイデア。日本でもぜんぜん取り入れられることだと思うけど、政治問題をとりあげたコメディアンが番組から降ろされるような空気じゃ無理なのかもしれないね。でも、マスメディアでできないことなら、小さいメディアでできるし、そのためにネットを利用すればいいんじゃんね? アメリカでもこれはネットフリックスだからできたのかもしれないし。でもまあ、ネットフリックスも大きなメディアだけどね。

the Bronx guide:Mott Haven and Hunts Point

地価が高騰しているサウス・ブロンクスのモットヘブンやハンツポイント。いまでもドラッグディーラーが多くて、3rdアベニューの駅なんかはオーバードースの若者が倒れてたりするのはしょっちゅう。そんなところが、地価高騰のターゲットになっている。

ちょっと調べてみたら、コンド(日本でいう分譲マンション)でも1ベッドで400K(4千5百万円くらい?)になっていた。そこに、昔から住んでいる人たちのインタビューをふくんだビレッジボイスの記事。

SOUTH BRONX SAVIORS OR SELLOUTS?

 

the Bronx guide

日本のガイドブックには間違いなくでてこないブロンクス。ブギータウンとよばれるブロンクスのイメージは、70年代、80年代の大火事、グラフィティ、ヒップホップ、黒人文化、危険な街といったところだろうか。

ニューヨーク市はザ・ブロンクス、マンハッタン、クイーンズ、ブルックリン、スタテン島と5区からなっていて、ブロンクスは一番北に位置する。私の住んでいるところはそのブロンクスの北のはしっこで、地下鉄のグリーンライン5番の北の終着駅から二つ目のところ。「ブギータウン・ブロンクス」のイメージには程遠く、市内で一番大きなベルハム・ベイ・パークがあり、車で5分もいくと、オーチャード・ビーチやハンター島、ツイン島の自然保護区を散歩できる。また、西に10分ほどいくとニューヨーク植物園やブロンクス動物園があり自然豊かなところ。ノース・ブロンクスは1900年代はじめに避暑地として開発されたそうだ。現在のCo-op Cityのあるところにはフリーダムランドという遊園地まであったらしい。我が家の庭に鎮座するガゼボは、その遊園地が廃園になるときに移設したのだそうです。

ここで暮らし始めて8年がたち、ようやくブロンクスの良さもわかるようになってきた今日この頃。日本の観光客に人気があるマンハッタンやブルックリンとは、少し趣きが異なるブロンクスを少しずつ集めよう。いつかきちんとした紹介になればいいな。

New_York_City_location_Bronx.svg

NYC vs Oil giants

New York City sues Shell, ExxonMobil and other oil companies over climate changeーWashington Post, Jan 10, 2018

  • 1月9日、ニューヨーク市は気候変動による現在および将来の市が負う被害の責任を求めて、BP、シェブロン、コノコフィリップス、エクソンモービル、ロイヤルダッチ・シェルを訴えた。長年にわたってこれら企業が地球温暖化ガス全体の11%を生み出してきており、業界は活動の結果について理解していたにもかかわらず、それを曖昧にしてきた、というのが訴訟の理由。
  • 訴訟では気候変動の影響から市を保護するコストを、これらの脅威を生む出した企業に負わせるというもの
  • 去年、カリフォルニア州のマリン郡、サンマテオ郡、インペリアルビーチ市も同様の起訴を起こしている。サンフランシスコ市やオークランド、サンタクルーズ郡と市も同様。
  • 今回は連邦ではなく州が訴訟を起こしているということ。
  • 訴訟に加えて、ニューヨークの年金受給者に対する信託的義務を維持する約束があるけれど、最大190社の化石燃料関係者から最大50億ドルの投資を引上げることもある。

1.5°C: Aligning New York City with the Paris Climate Agreement

1. Wanderlust: A History of Walking

walks_h1-356x520

著者:レベッカ・ソルニット
翻訳:東辻賢治郎

装幀:松田行正+杉本聖士
カバー写真:Charles C. Pierce

定価:本体4500円+税

四六版上製/520ページ

978-4-86528-138-5

 

今年の一冊目。東海道や中山道、熊野古道からお伊勢さん、そして出雲大社。大樹が大学を卒業してからのこの3年の間に歩いた道。長距離を歩くことを知りたくて読み始めた。

人間の特徴、二足歩行で歩くことが、思考と文化、社会とどのように結びついてきたのかという問いを片手に、ずいぶんと遠い時間の昔から現在にいたるまでを歩いていく本。ルソーやワーズワースの話も面白かったけど、イギリスでは歩くことが所有地の侵入に結びつき、やがて自由に歩くことが個人の権利の象徴となってくるっていう話も面白かった。あと、シエラクラブと東海岸の詩人との結びつきとか。フランスで、ストリート・ウーマン/娼婦の歩くパリの話もよかったなぁ。

楽しく読めたし、外にでたくなったし、文章も書きたくなる本だった。