Views of Jupiter

Latest view of Jupiter from NASA’s Juno spacecraft from Enneagon on Vimeo.

木星探査機ジュノーJunoが、間近から捉えた木星の映像。墨絵を思わせる気流の流れが美しい。人間が月に着陸したのが1969年。およそ50年後、いまだ月以外に人間が降り立った惑星はないけれど、近くまではいけるようになった(っていっても、有人宇宙船じゃないけれどね)。なんか、人間の一生ってみじかいなぁ。

 

Advertisements

Story of Immigrant : Vendor

移民についての聞き取りをはじめることになった。手始めにベンダーインタビューから。さて、どこから手を付けようかな。

昨今のベンダー事情。違反チケットのこと。何が一番売れてるか。どういう人が買っていくのか。働いている時間は? ベンダーはじめてどれくらい? 一番困ってること。家族のこと?

  • NGO「Urban Justice Center」が主催するThe Street Vendor Project トライステイトの2万人を超えるベンダーを支援するサイト。
  • A Day in the Life of a Food Vendor-NY Times、2017年4月18日
    ウォール街でフードベンダーをしているKabir Ahmedさんの話

Confusion of U.S.

トランプが大統領になって以来、いろんなことが次々に起こるので、整理する必要がある。

2017年4月26日 水曜日

トランプ大統領は水曜日、内務省に対し、1996年以後に指定された10万エーカー以上の国定史跡の規模と範囲を見直すよう大統領令を発令した。
What Is the Antiquities Act and Why Does President Trump Want to Change It?
by NY Times

これに対し、アウトドア用品のメーカー、パタゴニアは、国定史跡を守る運動を開始。自社サイトでも呼びかけた。
http://bearsears.patagonia.com/

パタゴニアの呼びかけに、Columbia Sportswear, REI, New Balance, Woolrich, the North Faceをはじめ、100社を超えるアウトドア・メーカーが賛同した。
Monumental Outrage: Patagonia, The North Face, REI Take On Trump

見直しは、連邦政府が守ってきた国定史跡の資源開発と言われている。今後どうなるか、注目が必要。

Can the president attack another country without Congress?

DT launched missile to another country without Congress?  this is what was in my mind on after shocking news come up on Apr 6th, the day DT ordered launch 59 Tomahawk missile to Syrian military base.

ワシントンポスト
Can the president attack another country without Congress? で細かく説明があった。

ベトナム戦争のころ、1973年に「戦争の解決/The War Powers Resolution」が制定されて、戦争宣言がないかぎり、大統領は議会に相談する必要があった。議員が決定を支持しない場合はアメリカ軍は90日しか海外に滞在できなかった。

911で議会は大統領に、911に関与した国や団体を攻撃する権限を与えた。オバマは2014年に、アルカイーダが派生して登場したイスラム過激派と戦うためにこの権限を利用した。で、トランプはシリアでまたこの権限を使った、という流れのよう。

オバマは2015年2月に、Islamic Stateに対する戦争を許可するよう議会にはかり、3年という期限付きで認められた。地理的制限はなかった。

現状は、共和党の外交委員会委員長のボブ・コーカー(テネシー州)は、議会と協議するほうが賢明だといったけど、議会の承認を得なければならない、とは言わなかった。攻撃に関しては拍手を送った。だけど、事態が進むにつれて、完全な戦略を明らかにする必要がある」と言ってる。

ユタ州のマイク・リー上院議員は「憲法に従って、議会からの適切な認可が必要」という立場。ケンタッキー州のトーマス・マッシー議員とランド・ポール(両方とも共和党)が同意。

その他の共和党議員、たとえばフロリダのマルコ・ルビオ議員は議会の承認なしで攻撃したことを称賛。

今回、攻撃の前にポール・ライアンはじめ、2ダース以上の議員に話したらしい。

 

 

 

 

Book: Reflections on the Revolution in Europe

images

by Christopher Caldwell

Publisher: Anchor (July 23, 2009)
Publication Date: July 28, 2009
Sold by: Random House LLC
Language: English
ASIN: B002IPZKDC

 

 

 

Contents
Part I. Immigration
Chapter 1. Rivers of Blood

the right and wrongs of Enoch Powell–How much immigration is there? — Muslim immigration — Europe’s population problem — Civilization and decadence — Diversity is overrated — Can you have the same Europe with different people?

Chapter 2. The Immigrant Economy

How postwar migration came about — The unprecedented scale of recent immigration — The capitalist argument: Rescuing moribund industries — Jobs nobody wants — The socialist argument: Rescuing the welfare state

Chapter 3. Who is Immigration For?

Good immigrants and bad — Is immigration for natives or immigrants? — Welfare and white flight — Polish plumbers — Barcelona or death — The duty of hospitality — Asylum and human rights — Asylum and democracy

Chapter 4. Fear Masquerading as Tolerance

Neutrality and political correctness — The criminalization of opinion — Grievance groups — Diversity and self-loathing — Second-class citizens

Part II. Islam
Chapter 5. Ethnic Colonies

Europe’s historic understanding of Islam — Muslim populations, present and future — Rejuvenation of run-down neighborhoods — Architecture and segregation — Lawless zones — Segregation or self-segregation? — Spaces of sharia — Violence, crime, and rioting — The banlieue riots and Islam — Tribalism, ideology, and escalation

Chapter 6. An Adversary Culture

Jus soli and jus sanguinis, assimilation and integration — The illusion of diversity — Islam as a hyper-identity — Dual loyalty — Humiliation and Islamophobia — Muslims and U.S. blacks

Chapter 7. Europe’s Crisis of Faith

Religious resurgence — Islam and European believers — Islam and Europen unbelievers — Benedict XVI: New ideas about belief and unbelief — Western sympathy with, and conversion to, Islam — The European model of managing religion — Organizing religious bodies — Freedom of religion = Freedom of Islam — The Danish cartoon crisis

Chapter 8. Rules for Sex

Sexual freedomas a nonnegotiable European demand — Virginity and violence — Islam or custom? – The appeal of sharia — Arranged marriages — The Danish marriage law — Controversies over the headscarf — The French veil law — Compulsory liberation

Part III. The West
Chapter 9. Tolerance and Impunity

Political self-assertion as a turning point — Intimidation an self-defense — The politics of terror — Anti-Semitism and anti-Zionism — “The communism of the twenty-first century”

Chapter 10. Resistance and Jihad

Poverty, occupation, lost grandeur, and other grievances — Islam and violence — “Islam is peace” — Moderate Muslims — Tariq Ramadan and double language — Resistance and jihad

Chapter 11. Liberalism and Diversity

Immigration, Islam, and the European Union — The project to bring Turkey into Europe — PIm Fortuyn and the weakness of the West — “Rightism” and “fascism” in the context of immigration and Islam — The Danish People’s Party — Nicolas Sarkozy and the strength or he republic — Affirmative action

 Chapter 12. Survival and Culture

Europe’s duty to the world — European emancipation from America — The American model of a multiethnic society, and the Ottoman model — From “Islam is peace’ to “Love it or leave it” — Two types of utility 

 

Movie: Moonlight

My impression was it was very literary movie, of young black guy as a gay in mid 80’s Miami. Story it self was not special, but you can feel the color, air and touch of life of the young boy.
とても文学的な映画。特別な物語はないけれど、映画の色や、流れる空気、水、感触が、湿気をたっぷり含んでいて心にまとわりつく感じ。LGBTQを題材にした映画がグラミーをとったのが初めて、と話題になってるけど、この映画にはそういう称号は必要ないとおもう。ゲイであろうが黒人であろうが貧しかろうが、切ないものは切ないし、愛しいものは愛しい。人間って悲しいし愛しい。

Release date: October 21, 2016 (USA)
Director: Barry Jenkins
Box office: 55.7 million USD
Awards: Golden Globe Award for Best Motion Picture – Drama, More
Producers: Adele Romanski, Dede Gardner, Jeremy Kleiner
Directed by Barry Jenkins
Produced by Adele Romanski, Dede Gardner, Jeremy Kleiner
Screenplay by Barry Jenkins
Story by Tarell Alvin McCraney
Based on In Moonlight Black Boys Look Blue

Starring
Trevante Rhodes
André Holland
Janelle Monáe
Ashton Sanders
Jharrel Jerome
Naomie Harris
Mahershala Ali

Movie : Junction 48

Film for a life of Palestinian young couples story.
Kareem (Tamer Nafar) is a young rapper who live in a crime-ridden Arab ghetto of the mixed city of Lyd. He have to get through family, and friend tragedy. those experience motivates him to do something more with his life.

パレスチナ人とユダヤ人が混合する街、イスラエルのロード(Lyd)に暮らすラッパー、カリーム(Tamer Nafar)とガールフレンドのマナー(Samar Qupty) 。ザクッと言ってしまえば、人生の目的もなく漠然とその日をおくるカリームが、ガールフレンドに家族から結婚の圧力がかかっても「いやー、カネもないし、まだまだ歌っていたいし、まだそんな気になれない」とのらくらかわすんだけど、家族や友人に起きる不幸を経験していくうちに成長していく、という物語。彼らの暮らしには否応なく政治的な圧力がかかるわけで、そういう状況がカリームに「俺は政治的な歌をつくってるんじゃない、自分たちの暮らしをラップにしてるだけ」といわせる。

面白かった、というか「わかるわー」って共感したのは、カリームの両親の部屋にはレーニンの肖像画が、ガールフレンドのマナーの部屋にはカフィ―ヤを巻いたチェ・ゲバラの肖像画が、そしてカリームの部屋には2パックの絵が大きく壁に描かれていたこと。夫をなくしたカリームの母が、スピリチュアルな世界に傾倒して占い師/祈祷師(?)みたいなことをしていくんだけど、それを手伝わされるカリームの弟が「運動家の母親のほうがまだまし」って文句いうところ。マナーの叔父とか従兄が「家族の女」を守ろうとしてカリームに文句つけるところなんて、自分自身の遠い過去を思い出してしまった。

「マジョリティから様々な権利を奪われるマイノリティ」は古今東西を問わず、似たような社会的構造のなかに押し込められていることがよくわかる映画だった。社会の主勢力からはじき出されるだけじゃなく、マイノリティのなかでも強い勢力に利用され絞りとられていく。自分は何もないと思ってる若い子たちはたやすくギャングに取り込まれもする。目の前にあるもの、身近につかめるものをつかみ、押しのけて、社会の一番底辺から少しでも上へ上へと這い上がろうとする。そのうちに多くの若者が、這い上がることそのものに人生の目標をおくようなっていく。そういうことを切り取ったような映画だった。

日本とか、アメリカとか、ヨーロッパとかで、いま台頭しているポピュリズムを目の当たりにしていると、自分たちが不幸なのは仕事を奪う異人がいるからと、「純粋主義」を標ぼうする人にこそ見て欲しい映画だけど、そういう人たちはこういう映画みてもなーんにも感じないんだろうなぁ、なんてつらつら考えてた。だけど、よく考えてみれば「8マイル」で描かれるエミネムには激しく共感するんだろう、ね? エミネムとカリームの間にはそんなに遠い距離はないとおもうんだけど、エミネムに共感する白人貧民層のみなさんはごそっとトランプに持っていかれてるわけで。なんかそういう構造をかんがえると、虚しくも悲しくもなるのだけど、考えてみればトランプ支持のラストベルトの皆さんとの対話の糸口はその辺にあるのかもしれない。