Tag Archives: book

Book:「せいめいのはなし」「生物と無生物のあいだ」

ハルに薦められて読んだ福岡伸一さんの本たち。分子レベルでは「お変わりありまくり」の人間(だけじゃないけど)の身体。細胞の1つひとつが皆入れ替わるのに、「自分」を維持できる不思議。意識とか記憶のこと。「動的平衡」のはなし。生命とは流れ。細胞は前後左右の空気を読んで何者になるのかを決定する。などなど。

自分が思い込んでいる社会のありようや生物のありようが、生物学者の目を通すとこんなにも違うものなのかと面白かった。みているものの違いはあるけれど、不思議だと思っていたことを納得できる力強さもある。

読んでいて、ずっと言語化できなかった不思議な気持ちをまた思い出した。

ずいぶんと古い話だけれど、高校を卒業してしばらくしたころ、京都駅の八条口にアバンティというデパートビルができ、そこに大きな本屋さんがはいった。ぶらぶらと本棚の間をあるき、背表紙のタイトルに目をやっていたとき、「朝鮮戦争」という文字が目に入ってきた。今から考えると、そのころは、12年間の学校教育で民族的なものに嫌気がさしていた、というか、学校が教えてくれる、疑問をさしはさむこともできないほどまっとうすぎる北朝鮮の正しさに、それ以上何をどう考えたらいいのか行き当っていたころだとおもう。

普段なら意識的に避けた本に、何気なく手をのばして数ページを立ち読みした。文章は正確には覚えてないけれど、朝鮮戦争がどうやってはじまったかというくだりがあった。いろんな出来事が重なって緊張が高まってたある日、歩哨に立つことになった兵士の話だった。真夜中、いつものように見回りをしていると、闇の中で何やらがさごそと動く気配がする。それが兵士か動物か確かめる余裕もなく、極度の緊張から気がつけば銃の発射音が聞こえていた。それは相手からのものだったのか、自分が撃ったものだったのか、後から考えると判別がつかない。と言うようなことが書いてあった。(と、おもう)

これを読んだときは、雷に打たれたようなここちだった。いままで、北朝鮮の正しさを信じて疑う余地はなかったし、その正しさは「相手が悪である」ということに裏打ちされていたのに、あの、同じ民族が殺し合った戦争が、こんな他愛もないことからはじまっただなんて。。どちらが先に攻撃したかということもはっきりとした事実じゃないなんて。。

このときのショックを長い間うまく説明できなくて、いまでもわだかまりのように残っている。信じていたことがそうじゃなかったからショックだったのか、そんなつまんないこと、、、とおもったことがショックだったのか。それよりもっと深いところでショックだったようにおもえる。おまけにそのショックはネガティブな気持ちじゃなく、ものすごく自分を肯定するような、解放してくれたような、そんなふうなショックやったので、なかなかぴったり表現できないでいる。

なんだかぜんぜんつながらない話のようだし、かなり強引に解釈をしているけど、納得のいっちゃったものはしょうがない。「せいめいのはなし」の、特に養老孟司さんとの対談の項での会話を引用してみると、

養老:・・・どうしても意識は秩序立ててものごとを見てしまいますね。考えてみたら、秩序の前提になるランダムとは、プロセスでしかわからない。・・・さいころを振って乱数表を機械で創る。ランダムに文字を並べた物ですと言ってそれを見せられても、暗号である可能性が常にある。三字おきとか四字おき・・・んあでもいいけれど、意味のある文章を作られちゃったら、まずは普通はすぐにはわからないでしょう。だからさいころを振るような時間的なプロセスを含めないと、ランダムであることが納得できないんですよ。だから、秩序が見えるということとランダムであるということは次元が違うことじゃないですか?

福岡:・・・止めないとメカニズムが見えないということは、止めないとそこに秩序が見えないということになる。動いている者はなかなか観測できないから、ランダムに見えてしまうということですよね。

養老:ところが、ランダムということを判定するためには、動かざるをえない(笑)。

福岡:そうそう(笑)。でも、動的平衡状態ですから、実際には動いているわけです。私たちの身体も環境も自然も。だから、平衡が揺れているということは本当はそこに秩序がないということ。なにかしら生命現象に因果関係を求めるのは、幻想なのかもしれません。なにかがなにかの原因であるということは、止めた時にドミノ倒しのように見えているだけで実はそうじゃない。後から振り返っていくと、この現象が起きたからここが原因だ、と見えてきますが、そのプロセスを巻き戻していくだけだから、同じ現象が起きたら同じことがまた起きるとは限らない。でも、そこに統一性を求めて生物学もほかの科学もここまで来てしまっているわけですよね。

ここだけ取り出しても、なんのこっちゃなんだけど、私にとっては「生命活動は、意図的ではなくて常に流れている状態なので、人間の脳の癖として、これを理解しようとある一時を切り取って秩序をみようとする」というところにガツンときちゃったわけだな、きっと。

 

Advertisements

鶴見俊介さん

Asahi.comのBook Columに鶴見さんの本、というか鶴見さんのことが紹介されていた。

「書店員に聞く」というシリーズがあって、今回は京都の恵文社の店員さんの紹介で以下の本が紹介されていた。

(1)限界芸術論 [著]鶴見俊輔
(2)わたしが外人だったころ [著]鶴見俊輔 [絵]佐々木マキ絵
(3)セミナーシリーズ 鶴見俊輔と囲んで [聞き手]鶴見俊輔ほか
(4)身ぶりとしての抵抗 [著]鶴見俊輔 [編]黒川創

京都というところは不思議と奥深いところがあって、いろんな縁が結ばれて意外な人との出会いに恵まれることがある。鶴見さんとはSUREの街子さんや黒川さんを介して、(3)のセミナーシリーズの一番最後の第5巻「加藤典洋 創作は進歩するのか」で鶴見さんを囲んだ座談会に参加することができた。

座談会で、鶴見さんは始終にこやかな顔で皆の話を聞いておられ、今本が手元にないので、どんな脈絡でその話になったのか忘れたけど、そのときまだ小学生だった息子と私が本を通して会話をするみたいな話をしていたように記憶している。

ここ数年、いろんな人たちが彼岸に旅立たれた。鶴見さんもこの夏に逝かれた。私の父も2月に。時のたつのは速く、数年もすれば私も旅立つのだろうけれど、いまのこの社会からいなくなってしまうことは確実なのに、人間の生や社会の立ち行きを考えることに何か意味があるのだろうかと最近考えるようになってしまうこともあり、そんな時には、鶴見さんにもしまたお会いできる機会があったら、どんなことを言わはるだろうかと、お話ししたくなる。

Kindle, finally

結局キンドルを買ってしまった。

紙の本のほうが本当は好きなんだけど、e-Bookに変えてからは本を購入しようかと思うときに「あー、かさばるしなぁ、e-bookででてるかなぁ」と探すようになり、電子版が出てないときにしか紙版を購入しなくなった。こうやって後戻りができなくなっていくんだなって実感しながら。

でも、電子版には問題がある。デバイスだ。Mac愛好者なら選択の余地なくiPadということになるのだろうけど、電子版に切り替えるにしてもやっぱり大手にからめとられることに抵抗したいって気持ちがどこかにあったから、最初はアメリカの書店Burns and Noble からだしているNookを買った。

せっかくNookを買ったので本はBNから購入しようと思ったんだけど、やっぱり少し高くなるんだよね、アマゾンで購入するより。大手にからめとられるってことを気にするんだったら、割高の本を買うことにもハラをくくらないといけないのに、やっぱりだんだん安いほうを購入したくなっちゃうんだよね、、資本主義って怖いわ。

電子版の問題は、本棚の問題もある。BNで購入したものとか、BookLiveで購入したものとか、Amazonで購入したものとか、全部バラバラで管理しないといけないんだよ。きっと全部の本をダウンロードして、手元のハードかなんかにいれて、再生デバイスに読み込むとかなんとか方法はあるんだろうけど、この年齢になるとそういうことがめんどくさくなってきた。

購入金額とか本棚の問題とかもあったけど、日本に行くときとかにノートパソコン代わりのデバイスが必要になって、iPadを購入した。節操ないよね。

iPadは楽しいけど、本を読むにはちょっと重たい。一番軽いやつを買ったけど、重たい。片手で支えられない。だんだんときびしいなぁと思い始めたのは、やっぱり目にくるんだよね、画面が明るすぎて。

iPad使い始めて、急激に視力が衰えてきて、あかんなぁとおもっていたところに、決定打が。Amazonが日本とアメリカの口座を統合できるようになってしまった。 あかんやん、これ。

英語の本は.comで、日本語の本はco.jpで、購入の度にそれぞれ購入アカウントを切り替えないといけなくて面倒くさいけど、これで日本の本も買えるし、アメリカの本も買える!! そりゃ、丸善もつぶれるわけですよ。

ところがアカウントの統合がややこしいんだ。どちらのアカウントでもキンドル商品を購入していると顧客からは統合ができないみたいなの。一番てっとりばやいのは、カスタマーサービスのチャット機能だった。だって、電話はアメリカから利用できないんだもん。 東海岸時間で午後2時くらいだったから日本時間は午前3時。チャットだとこんな時間でも待たせることなく対応してくれた。

何がしたいかをチャット欄にかきこむと「○○が担当させていただきます。ご迷惑をおかけして申し訳ありません」って対応。アメリカの上から目線の顧客対応になれてきたころだから、こんなに下手にでられたらちょっと引き気味になってしまったわww

慣れって怖いわ、ほんま。

$2 a day — Living on Almost Nothing in America

Do you know how many Americans living on less than $2 a day?
that numbers more than doubled since 1996, placing 1.5 million households and 3 million children. what happen in 1996? answer is this book.

23719398

http://www.goodreads.com/book/show/23719398-2-00-a-day

$2.00 a Day: Living on Almost Nothing in America
by Kathryn J. Edin, H. Luke Shaefer
ISBN 0544303180 (ISBN13: 9780544303188)
edition language English

アメリカで一日2ドル以下の生活をしている人は150万世帯、子どもの数は300万人。これは1996年の2倍以上。1996年に何があったのか?

1996年はクリントン政権で、The Aid to Families with Dependent Children、AFDC(被扶養児童を持つ家庭への援助)という補助を廃止した年。AFDCは1935年からはじまったソーシャル・セキュリティ(年金や補助などの社会保障)のプログラムで、低所得またはゼロ所得家庭を対象に補助をだしていたけれど、廃止した主な理由は、働くよりも子供を持ったほうが援助で暮らせるやんって考えになって、女の人の自立につながらんからということだったらしい。そのほかにも、未婚の母になりやすくなるとか、離婚しやすくなるというのも廃止の理由だったらしい。「自立」はともかく、未婚の母とか、離婚しやすくなるって、それってほんまに男目線で婚姻システムを維持しようって考えがバックボーンになってるのが、「ん?」って感じるところやけど。

ともあれ、民主党のクリントン政権と共和党が協力(!!)してAFDCを廃止して、そのかわりに導入したのがTemporary Assistance for Needy Families、TANFというもので、受給者は24カ月以内に仕事をみつけなければならない、というのと、受給者1人に対して60カ月が最大の受給期限であるというのが大きな違い。

一見、期限が切られてるからサポートがなくなるとおもうと必死で職もさがすでしょうし、自立をうながすことにもなりますっていうようにみえるけど、いままで貧困層にいた人にそうそういい仕事がみつかる? あったとしても最低賃金きわきわのところを渡り歩くってことになるんとちがうかな。

アメリカは21歳が成人なので、子どもが成人するまでは252カ月あるわけですわ。仕事にあぶれてしまっても、TANFやったら受給者1人に対して(子どもの数じゃなくて)60カ月が上限やので、通算で5年受給してたらもう援助は受けられんてことです。子どもが生まれたときに受給しはじめても5歳になったら終わりってことです。 いかに薄いサポートかってのがわかるとおもう。

1996年以降、一日2ドル以下で暮らす貧困家庭(個人ちゃうよ、家庭よ)が2倍以上に増えてる。2012年には、貧困家庭の25%しかTANFを受けていない。援助を受けてる家庭は1996年の3分の2以上に減ってる。1994年には1420万人が福祉システムのなかにいたけれど、2014年には380万人に減っている。

一歩先は闇、病気をしたり、職を失ったり、一つ間違えば自分も貧困層にまっしぐらなことを日々うすら寒く感じる毎日。この本で紹介されていることは自分のことと思いながら読んでいると、アメリカという国家の形が浮かんでくる良書。