Tag Archives: e-Book

Think about e-book system

I need my BOOK SHELF!!!

いままさに、Arundhati RoyのThe God of Small Thingsをamazon.comでKindle版をポチりそうになってふと我に返って考えてる。

こういう本て紙で楽しみたいけど、本箱のスペースとかが脳裏をよぎってやっぱりe-bookに手がのびる。そして罪悪感をかかえつつamazon.comへ。

でもなー。Kindleの本箱に入っているのがやなんだ、結局のところ。電子書籍はどこで買ったかにかかわらず、自分の本箱で整理したい。God of Small Thingも読もうと思ってた本だから、前に買った気がして本棚をみてみたけど、なかったんだよね。英語の本だから、日本のサイトで買ってるとはおもえないし。

だいたい、日本の本の電子版は文庫がでていてもハードカバーの値段が基準になっているのも気に食わない。なんでやねん、ておもう。装丁も紙の質も配送も省いているのに、なんでこの値段?って。

Kindleはぜひ、読書ツールとして発展していってもらって、本はアマゾンから買わなくても、直接出版社かもしくは作者からダウンロードして買って、それを「自分の本箱」で管理して、どこでも、どんなデバイスからでも読めるようになってほしい。

今の時点でそうなってないけど、きっと近い将来そうなるとおもう。だって、必要だもん。

 

Advertisements

Kindle, finally

結局キンドルを買ってしまった。

紙の本のほうが本当は好きなんだけど、e-Bookに変えてからは本を購入しようかと思うときに「あー、かさばるしなぁ、e-bookででてるかなぁ」と探すようになり、電子版が出てないときにしか紙版を購入しなくなった。こうやって後戻りができなくなっていくんだなって実感しながら。

でも、電子版には問題がある。デバイスだ。Mac愛好者なら選択の余地なくiPadということになるのだろうけど、電子版に切り替えるにしてもやっぱり大手にからめとられることに抵抗したいって気持ちがどこかにあったから、最初はアメリカの書店Burns and Noble からだしているNookを買った。

せっかくNookを買ったので本はBNから購入しようと思ったんだけど、やっぱり少し高くなるんだよね、アマゾンで購入するより。大手にからめとられるってことを気にするんだったら、割高の本を買うことにもハラをくくらないといけないのに、やっぱりだんだん安いほうを購入したくなっちゃうんだよね、、資本主義って怖いわ。

電子版の問題は、本棚の問題もある。BNで購入したものとか、BookLiveで購入したものとか、Amazonで購入したものとか、全部バラバラで管理しないといけないんだよ。きっと全部の本をダウンロードして、手元のハードかなんかにいれて、再生デバイスに読み込むとかなんとか方法はあるんだろうけど、この年齢になるとそういうことがめんどくさくなってきた。

購入金額とか本棚の問題とかもあったけど、日本に行くときとかにノートパソコン代わりのデバイスが必要になって、iPadを購入した。節操ないよね。

iPadは楽しいけど、本を読むにはちょっと重たい。一番軽いやつを買ったけど、重たい。片手で支えられない。だんだんときびしいなぁと思い始めたのは、やっぱり目にくるんだよね、画面が明るすぎて。

iPad使い始めて、急激に視力が衰えてきて、あかんなぁとおもっていたところに、決定打が。Amazonが日本とアメリカの口座を統合できるようになってしまった。 あかんやん、これ。

英語の本は.comで、日本語の本はco.jpで、購入の度にそれぞれ購入アカウントを切り替えないといけなくて面倒くさいけど、これで日本の本も買えるし、アメリカの本も買える!! そりゃ、丸善もつぶれるわけですよ。

ところがアカウントの統合がややこしいんだ。どちらのアカウントでもキンドル商品を購入していると顧客からは統合ができないみたいなの。一番てっとりばやいのは、カスタマーサービスのチャット機能だった。だって、電話はアメリカから利用できないんだもん。 東海岸時間で午後2時くらいだったから日本時間は午前3時。チャットだとこんな時間でも待たせることなく対応してくれた。

何がしたいかをチャット欄にかきこむと「○○が担当させていただきます。ご迷惑をおかけして申し訳ありません」って対応。アメリカの上から目線の顧客対応になれてきたころだから、こんなに下手にでられたらちょっと引き気味になってしまったわww

慣れって怖いわ、ほんま。

e-magazine experience

ハルたちが日本にいるので、NYに戻ってくるときに日本の雑誌を買ってきてもらおうかと思いつき、ネットで雑誌を物色していたら、いくつかの雑誌はe-magazineで購入できることがわかった。

さっそく持ち帰り雑誌リストのなかにあった『ソトコト』を電子版で試してみた。

私が選んだのはMAGASTORE 。 PCで見ることがほとんどやけど、iPadとかを購入したときも読みたかったので、各種のデバイスで再現可能ってうたってたので選んだ。

仕組みは簡単で、雑誌そのものをダウンロードするわけではなく、MAGASTORE にID登録して、MY PAGE に、KINDLEでいう「本棚」が構成されるので、それをクリックすると ウェブサイト側にあるリーダーで購入した冊子が読める、ということだ。 まあ、これだとキンドルとか、本を読むためのリーダーを自分で持っていなくてもいいわけなんやけど、いちいちこのサイトにいかないといけないのがちょっと面倒かなぁ。

自分が購入した本は、やっぱり自分の本棚に一箇所に集まってて欲しいねんけどね。

で、本の読みやすさですが、相手側サーバーに環境を依拠してるから、どうしても再生に時間がかかる。 まあ、数秒のことやけど、パラリと次のページをめくって、読めるようにフォーカスされるまで、長いと10秒くらいまたないといけない。 雑誌は写真が多いので再生によけい時間がかかる。

PC環境なんで、見開きを俯瞰して写真や構成を楽しむことはできるけど、字を読もうとおもうと拡大しないと読めない。ソトコトの場合は400%が一番読みやすかったので、字を読むのに4回拡大して、全体をみるためにまた4回もどらないといけない。

電子版に慣れると、こういったことも平気になるのかもしれんけど、まだまだ進化の余地はありますなぁ。

文句ばかりいってるけど、利便性はかなりある。

まず、NYにいても日本の雑誌が読めること。 これはかなり嬉しい! BookOffとかもあるけれど、読みたい雑誌が必ずあるわけじゃないし(まあ、これは電子版にもいえることやけど)、それに高い。 紀伊国屋なんかで最新号を買うと1000円未満の雑誌が20ドルから30ドルはするからね。 アマゾンで注文すると、送料がこれまたバカ高いから論外やし。

これが電子版だと、ソトコト一冊(ライト版)が、350円!! もちろん、紙代がいらないので、印刷や搬送にかかる費用がいらないぶん安いのは当たりまえなので、印刷業界や運送業界に悪いなぁと思いつつも、消費者としては嬉しい。

また、電子版なので物理的なスペースがいらないのも嬉しい。 いろんなデバイスで再現できるので、かなり便利。それと必要なページの切り抜きがつくりやすいのも嬉しい。

価格も安くなって、利便性も高くなると、水が高いところから低いところに流れるように、こちらに流れることはとめられへんやろうなぁ、とますます思う。 いろんな業者さんの痛みを感じながらも、『くうねる』とか『婦人公論』とかも、電子版にしてくれへんかなぁと願ってしまいました。

e-book lent at library 2

NY図書館で電子図書の貸し出していることを紹介したけれど、amazonのKindle本棚からどうやって本を返却するか、が判明しました。

貸し出し期日(2週間か3週間)がくると、ほんとに書棚から消えるのだ。 でも、ぽわーんと消えるのじゃないくて書影だけは残ってるの、本棚に。で、その書影をクリックすると「期日が過ぎているので、図書館で借りるか、アマゾンで購入する」というメッセージがでてくる。 おー、ちょーウマイ仕組みじゃない?これって。 でも、借りている本にもメモとかいろいろつけることができるみたいで、メッセージには、「図書館で借りる場合は、以前のメモやブックマークがそのまま使用できます」って書いてあった。 じゃあ、買う必要はあるのか? と不思議に思ったけど。

それと、PDF形式でダウンロードを選んだ場合、も試してみた。 PDFでダウンロードしたら、amazonみたいに中間で管理する団体がないじゃん、って思っていたけど、ありました! そうですよ、ADOBEですよ。

いま、ほとんどのコンピューターでPDFを読むことができるので、もう気にもとめてなかったけど、そりゃAdobeがリーダーを無料提供しているからということを改めて認識しなおしました。 だから、殆どの人はAdobeにアカウントを持ってるんですよね、無意識に。(って、無意識なのは私だけかもしれません)

私ももうすーっかり忘れてたAdobeのアカウントを聞かれ、はて??とおもって新規登録しようとしたら、「そのメールアドレスは登録されています」とメッセージが返されて、はた、と気づきました。

図書館経由で貸し出された本はAdobeのDegital Editionsを自分のPCにインストールすることで読めるようになります。Amazonのように、Abobeが貸し出し期日などを中間管理していました。

日本の図書館は完全に公営で、市などの自治体が税金で運営しているので、このように企業との共同管理って難しいでしょうねぇ。 大学のサイトで本の紹介をつくっていたときも、ダウンロード先を一社に特定しないようにって気を使っていたくらいですから。

この様子だと、日本の電子図書はまだまだ日の目を見そうにありませんね。

ちなみに、NY図書館の電子図書には少ないですけど、日本語の本も読めました。 西村京太郎の本が数冊、それと日本の歴史のマンガバージョン。 そうなんですよー。 私がPDFで借りた本は、徳川家康のマンガバージョンでした(笑)

 

e-Book Japan

電子書籍が気になる。 といってもキンドルもi-Padもまだ購入してないけど、NY図書館で電子書籍の貸し出ししてることがわかって、使ってみるとやっぱり便利なので、どうしてもこの流れってとまらんやろう、とおもう。

ともあれ、PC版の無料キンドルをインストールして使っているのだけど、ふと、日本の電子書籍を購入したら、バカ高い送料を払わなくてもいいので、お財布にも環境にもやさしいじゃないか、と思いついた。で、amazon.co.jpで探してみた。

・・・・・見つからない。アマゾンでキンドル日本版は売ってるはずなんやけど、電子書籍がみつからない。カテゴリーにもない。こっちのamazonを探すと、ちゃんと左のカテゴリーにKINDLEがあって、Kindle e-bookも簡単に探すことができる。

電子書籍関連の記事をググってみると、日本電子書籍協会がこうしてる、ああしてるとか、雑誌はこういうのが読めるとか、コミックなんかは読めるみたいやけど、なんでamazonにないの???

販売するほうにはいろんな規制とかつくってるのかしらんけど、自由に売れないようになってるみたいな気がする。もうちょっとこの辺は調べてみよう。

一方で、電子書籍の作り方はさまざまに紹介されてる。自分で書籍を作る方法に「自炊」という言葉もできている。こっちでも、イラストレーターやデザイナーのブログなんかをみると、自分の作品を書籍形式にして配布しているのも見かける。 左のデザイナーのサイト http://woolypear.com/ なんかがそうやった。 こうやってつくるほうはどんどん進化していくのに比べて、日本の商売ってほんまに難しい、というのか、アメリカでのビジネスの違いというのをうーんと感じてしまう。中国の市場が閉鎖的っていうけど、日本の市場もけっこう閉鎖的や。でも、なんでもかんでも自由ってのもいきすぎると自由経済になっちゃうのでダメやけど、保守的すぎて結局は一部の人が独占する形になっちゃうってのも考えもんやね。

Check out by amazon.com

新しい試みなんだと思うけど、NYCの図書システムにe-bookが取り入れられた。図書館で、というより、NYLibraryのウェブサイトから電子図書が貸し出し可能になった。 電子図書の貸し出し??ってどういうことやろう、とさっそく試してみた。

  1. まず、e-bookマークがついてる本をリクエストする。
  2. 2-3日すると、貸し出しの用意ができました、というメールが届く。メールに記載されたe-book専用のアドレスから、自分のアカウントに入り、目的の本がホールドされていることを確認する。
  3. ダウンロードは、KINDLEとPDFともう一個(忘れた)が選べる。私はPCにKINDLEをインストールしているので、ためしにKINDLEを選んでみた。すると、amazonのページが表示される。図書館の本を借りるのにamazonが表示されたのでちょっとびっくりしたけど、考えてみればKINDLEをマネージしてるから不思議やないんや。。。
  4. ライブラリーの本を「購入」を選択すると、KINDLEの本棚に注文しておいた本が出現する。

まあ、これで本は読めるわけやけど、この本、どうやって返却するのかなーとちょっと気になる。最初の返却期日は25日なのでそのときに判明するやろうけど、自然消滅するみたいに本棚からぼわーんと消えてるのかしら。

今回はKINDLEを頼んだけど、PDFやったらどうなるんやろう。。amazonみたいに途中で管理している会社があるわけやないしなぁ。

ところで、amazonはこのシステムに協力するためにはボランティア参加なのやろうか。これからe-bookの普及のてこ入れになれば、、ということなのか? まあ宣伝としては費用対効果はばっちりやろうとおもうけど、図書館にあるとおもったら買わないねんけどなー。だって、自分の手元でいつでも読めるのやもの。うーん、どうなんやろうか。。。