Tag Archives: Eco

Alternative energy Vs Old energy money

2015年は、旧エネルギーの投資者、企業、ロビーと、新しい代替エネルギーの戦いがいっそう熾烈になる予想。

ALTERNETの今日のニュースから。

Kochs and Walmart Clan Wage Dirty War to Stop You From Putting Solar Panels on Your Home

これによると、いまアメリカでは、3分に一つのソーラーパネルが設置されているくらいに、急速に代替エネルギーで自宅のエネルギーを賄おうとする一種のブームがあって、そうなれば困ることになる石油資本のコーク・ブラザーズと、ウォールマートの大株主、それとエネルギー企業がロビー団体を通して政治家に働きかけ、ソーラーパネルを設置する家にペナルティーを課金する法をつくろうとしているらしい。

ロビー団体は米国立法交流評議会American Legislative Exchange Council=ALEC)。この団体は以前にも有権者ID法といって、選挙で投票する際に身分証明として出生証明書をださないといけないように立法したり(日本の区役所でもらうみたいに簡単にはいかない)、環境規制を後退させたり、まあ、いろいろいろいろとやってきてる団体なんですが、超お金持ちのコークブラザーズが出資してる「非営利」団体なんです。

一方で、ウォールマートの大株主のウォルトン・ファミリーは、自分たちがビジネスとしてソーラーパワーの電気を売電するために、個人で自分の住宅にソーラーパワーを設置しようとする人を退けたいために、議会に働きかけて、たとえばアリゾナ州ではソーラーパネルを設置するとサーチャージで月100ドルを支払わないといけないと義務づける法律をつくることに成功しています。月100ドルも払わないといけないんだったら、誰も設置したくなくなります。いま、それは反対する議会議員のプッシュバックのおかげで、月5ドルになっているらしい。

ALECはオハイオ州で成功を収めていて、どんな成功かというと、2008年の基準では10年をかけて州全体のエネルギーの四分の一を代替エネルギーに変えようとしていたのだけど、州議会議員の委員会がそれにまったをかけて、2年間は凍結すると決めた。

個人の家の屋根にソーラーを設置しているのは、全家屋0.23%にすぎないのだけど、なんでそんなにやっきになって止めさせようとするかというと、やっぱりそれがすぐに彼らにとっては大きな脅威になりえるからなんだよ。ソーラーパネルで生成した電気は、それが余ると電気会社に売電できるので、塵も積もれば山となるというわけなのかもしれない、とこの記事は分析している。

脅威はそれだけじゃなくて、将来、もっと優秀なバッテリーが発明されたり、マイクロタービンができて、各家屋が電気会社の供給ラインを必要としなくなる時が来るかもしれない。エジソン・インスティチュートは2013年には「忠告」をだしてこういってる。「10年前に、電話利用者が電線を必要しなくなる時代が来るなんて誰が予想しただろう?」

現に、大手のソーラーパネルレンタル会社のSolar City は高性能のバッテリーバックアップシステムがもっとソーラーパネルの利用者を増やすというマーケティングを行って、電気自動車で注目を集めているテスラ・モータースとバッテリーの開発を進めているらしい。

代替エネルギーの将来は予測することが難しいけれど、日本でも自家発電だけで生活しようと実践している人も出てきたり、アメリカでもソーラーパネルの設置数が目を見張るほど増えてきたりしているのをみると、自家発電で自分が使うエネルギーをまかなうことができるのはそんな遠い将来じゃないような気がする。 完全に、自家農園で自給自足できるよりは確かだとおもうよ。

★その他のサイト

Walton Family Undermining Rooftop Solar, ILSR Report Finds

東電が我が家にやってきた(汗)

 

Advertisements

e-magazine experience

ハルたちが日本にいるので、NYに戻ってくるときに日本の雑誌を買ってきてもらおうかと思いつき、ネットで雑誌を物色していたら、いくつかの雑誌はe-magazineで購入できることがわかった。

さっそく持ち帰り雑誌リストのなかにあった『ソトコト』を電子版で試してみた。

私が選んだのはMAGASTORE 。 PCで見ることがほとんどやけど、iPadとかを購入したときも読みたかったので、各種のデバイスで再現可能ってうたってたので選んだ。

仕組みは簡単で、雑誌そのものをダウンロードするわけではなく、MAGASTORE にID登録して、MY PAGE に、KINDLEでいう「本棚」が構成されるので、それをクリックすると ウェブサイト側にあるリーダーで購入した冊子が読める、ということだ。 まあ、これだとキンドルとか、本を読むためのリーダーを自分で持っていなくてもいいわけなんやけど、いちいちこのサイトにいかないといけないのがちょっと面倒かなぁ。

自分が購入した本は、やっぱり自分の本棚に一箇所に集まってて欲しいねんけどね。

で、本の読みやすさですが、相手側サーバーに環境を依拠してるから、どうしても再生に時間がかかる。 まあ、数秒のことやけど、パラリと次のページをめくって、読めるようにフォーカスされるまで、長いと10秒くらいまたないといけない。 雑誌は写真が多いので再生によけい時間がかかる。

PC環境なんで、見開きを俯瞰して写真や構成を楽しむことはできるけど、字を読もうとおもうと拡大しないと読めない。ソトコトの場合は400%が一番読みやすかったので、字を読むのに4回拡大して、全体をみるためにまた4回もどらないといけない。

電子版に慣れると、こういったことも平気になるのかもしれんけど、まだまだ進化の余地はありますなぁ。

文句ばかりいってるけど、利便性はかなりある。

まず、NYにいても日本の雑誌が読めること。 これはかなり嬉しい! BookOffとかもあるけれど、読みたい雑誌が必ずあるわけじゃないし(まあ、これは電子版にもいえることやけど)、それに高い。 紀伊国屋なんかで最新号を買うと1000円未満の雑誌が20ドルから30ドルはするからね。 アマゾンで注文すると、送料がこれまたバカ高いから論外やし。

これが電子版だと、ソトコト一冊(ライト版)が、350円!! もちろん、紙代がいらないので、印刷や搬送にかかる費用がいらないぶん安いのは当たりまえなので、印刷業界や運送業界に悪いなぁと思いつつも、消費者としては嬉しい。

また、電子版なので物理的なスペースがいらないのも嬉しい。 いろんなデバイスで再現できるので、かなり便利。それと必要なページの切り抜きがつくりやすいのも嬉しい。

価格も安くなって、利便性も高くなると、水が高いところから低いところに流れるように、こちらに流れることはとめられへんやろうなぁ、とますます思う。 いろんな業者さんの痛みを感じながらも、『くうねる』とか『婦人公論』とかも、電子版にしてくれへんかなぁと願ってしまいました。

Moon Cup

こっちにきて発見した、というか京都新聞の千絵ちゃんから教えてもらった生理用品、ムーンカップ。日本では販売していないそうなんだけど、試しに取り寄せて使ってみると、まあこれが驚きの使い心地のよさだった。

毎月生理になるたびに、ナプキンやタンポンを使い捨てて使用することに感じる罪悪感、というか、世の中の成人女性は必ず生理になるわけで、いったい毎月どれくらいのタンポンやナプキンが使い捨てられるのか、その量を想像するだけでちょっと恐ろしくなってた。赤ちゃん用おむつや、近頃ではシニア用のおむつもしかり。その生産のためにつかわれる材料の消費量とか、漂白のために使われる薬品のゆくえとかもそうやけど、そりゃあ花王も笑いがとまらんで、と。

ある日、ネットで布ナプキンなるものを発見して、それも使ってみたけれど、肌荒れもしないし使い心地はいいけど、仕事場とかに使用後の布ナプキンを持ち歩くってのが、これがどうも私の抵抗感がぬぐえなかったところで。。。

でも、このムーンカップならもうナプキンとかタンポンとか買わなくてもいいし、捨てなくてもいい。使用後のものを持ち運ぶってこともしなくてもいい。体内に装着するので、嫌な匂いもしないし、第一違和感がない。むっちゃ快適。

ムーンカップの歴史を調べてみると、1930年ごろからタンポンとほぼ同時に開発されているらしいのやけど、そりゃ商売的に考えたら使い捨てのタンポンのほうがいいわけで、企業としてはムーンカップの販売には力をいれなかったらしい。なんてこと!もしムーンカップがタンポンと同じように販売されてたら、ゼッタイムーンカップのほうに人が流れるのに。生理がはじまっていらい、この何十年間の快適さを奪われてただなんて。。。

これ、日本にぜひ普及させたい。ほんまに。

埋め立てや焼却ごみから生理用品がなくなれば、どれだけごみが減るやろうか。

こういうことを考えてると、アメリカで環境負荷を少なくする生活の知恵とか商品とかも、やっぱりたくさんあるし、日本にもそれなりにたくさんある。日本のは特にキッチンで使うものとかね。アメリカの台所のオートメーションはすごいもん。コーヒーは機械で入れるもんというのが当たり前になってて、うちの甥っ子たちなんか、私がドリップのコーヒーを入れてると「なんでそんなことしてんの?」って質問するくらいやし。

そういうなのを、日本にもアメリカにも両方に広げていけたらどんなにいいやろうか、とおもう今日この頃です。

吉田山のナラ枯れ防止

京都市内の吉田山でのカシナガ駆除ーナラ枯れ防止活動に参加して来た。

とはいっても、そんなタイソーなことではなく、吉田山頂上付近にある公園に午後1時頃集合して、3時には解散。まずはどうすればいいのか説明をうけて、持参したカナヅチひとつもって、虫の巣穴に爪楊枝をうちこんでいきます。
説明では、ナラに巣を作る虫は「カシノナガキクイムシ」という虫なんだけど、もともと南方に住んでいた虫で、体長は1cm弱くらい。この虫はなんとメスが産卵のときに持って入った菌を巣穴に植えつけ、卵から孵った虫はこの菌をたべて成長するのだそう。かしこい!
上杉どんからの説明を引用すると

もともと南方のカシノキに巣をつくることが多くて、カシノキの場合は長年の共生関係ができていてそれで枯死することはなかったのだそう。ところがナラ科の場合、硬さの問題、またおそらくはこれまでカシナガと共生関係になかったことがあり、コロニーが、成長点(樹木の場合、表皮をはいだあたりのぐるり一周)に出来てしまい、それが樹を一回り覆う形でできてしまうと、通水作業が阻害され、やがて樹が枯死してしまうのです。

この日はハルと一緒に集合場所にいくと、上杉どんやあんずさん、ヤギ飼い仙人の顔も。爪楊枝うちがはじまるとみんな黙々と作業をおこない、感心、感心。 みんなは一本の木に百以上も巣穴をみつけてたけど、私とハルはどうしてか一本につき平均20程度。百本以上、爪楊枝うちこんである木は、まるで針山みたいになっていて、知らないでみると何か丑の刻参りの新バージョン?という感もなきにしもあらず。

こんなふうに爪楊枝を打ち込んでいく

この日の作業がおわって、ぶらぶらと吉田山を下りてくるときにも、木屑が裾にちらかっている木をみつけると、思わず爪楊枝を打ち込みたくなってました。今度から山に散歩にいくときは、金槌と爪楊枝は必需ですね。