Tag Archives: Event

Movie: The best democracy money can buy

Directors: Greg Palast, David Ambrose
Writer: Greg Palast
Stars: Leni Badpenny, Richard Belzer, Rosario Dawson
Country: USA
Language: English
Release Date: 2016 (USA)

日曜日の夜、チェルシーで初公開されたドキュメンタリー(これもドキュメンタリー?)「The best democracy money can buy」をみてきた。

ディレクターのグレッグ・パラストは、2000年の大統領選のときから、この選挙には不正があると主張する。今回の選挙では、トランプ子飼いのカンサス州のクリス・コバック総務長官が仕掛けた「クロスチェック・プログラム」。彼は29州にわたって、重複した投票があることをコンピュータープログラムで明らかにしたと主張。重複選挙者のリスト、720万人分を作成した。このリストに従って、11月の大統領選では、重複選挙者の投票は無効とされる危険があるという。

映画はアメコミ風の仕立てになってて、ウィリー・ネルソン(彼もリストに名前が載っている)がでてたりで面白かったけど、話があちこちにとんでいくのでついていくのがやっと。

アメリカの選挙は2000年のゴア対ブッシュのフロリダや、2012年のウィスコンシン州リコール知事選とか、どう考えてもこいつが勝つのはおかしいやろ、とおもう人たちが当選することがあるので、不正が働いていてもおかしくないという感じがするのはほんと。

今回も、民主党予備選でもニューヨーク州は何十万人の人が選挙することができなかった。アメリカは選挙するまえに「自分は選挙しますよ」と地域の選挙管理事務所(だったとおもう)に登録しないといけないシステムなんだけど、そこにあるはずの自分の名前が無かった人が多かったんだよね。

後で理由が公表されたけど、それはハリケーン・サンディのときがちょうど選挙があった年で、被害にあった人が一時的な措置で避難先から投票したので、その人たちの名前がそのままになっていたとかなんとか。結局、投票できなかった人の分を合わせても結果を覆すことができないので、それがそのまま通ったんだよね。

今回も、そういう不正の種が仕込まれているかどうかは映画だけでははっきりしないけど、映画館には監督で、同名の本も出版しているグレッグ・パラストさんもきていた。観客の中には今度NY州の上院議員選に現議員のチャック・シューマーの対抗馬として緑の党から立候補しているロビン・ラバーン・ウィルソンさんもきていた。彼女とトイレでばったり会ってちょっと話すことができたけど、気さくなお姉ちゃんで、応援したくなったな。

cqgznhlxgaa5cgu

Marx in Soho

ああ、これも行きたい、、でも明日はハルが帰ってきてるし、、、

最近のハルは社会科の先生がいまちょうど産業革命をところを教えてるらしく、アダム・スミスとカール・マルクスを対比して授業でとりあげることに、いちいち腹立ててる。ちょっと悪い影響を与えすぎたかなーっておもうくらい、たまには感情的になってるから、これ以上刺激しないためにも、連れて行かないほうがいいんやろうなぁ。

ま、でもいったとしても、半分以上は意味がわかんないだろうけど。英語だし、マルクスだし。

December 9th, 2011 7:30 PM

HOWARD ZINN’S
Marx in Soho
with Tony Palmieri as Karl Marx

Howard Zinn’s Marx in Soho portrays the return of Marx roughly a century after his death. Embedded in some secular afterlife where intellectuals, artists, and radicals are sent, Marx is given permission by the administrative committee to return to Soho London to have his say. But through a bureaucratic mix‰ÛÒup, he winds up in SoHo in New York.

 

J’ouvert in Brooklyn!!


9月6日はレイバーディの祭日。9月の最初の週はこのレイバーディにたくさんのイベントがあって、NYでは夏はここまででオシマイって雰囲気になる。

うちも、4日の土曜日は恒例の親族が集まるママのおうちでの”カルロスのご飯たべ”で、日曜はマンハッタンであったブラジリアンパレードをみにいった。そして日曜の夜中からはトリニダディアンにとっては待ちに待ったJ’ouvertのパレードがはじまる。

サムによると(だから確かじゃぜんぜんないけど)、J’ouvertは、もともとは農民の収穫祭やから、普通の農民の生活サイクルが早朝の4時とかなので、そんな時間から祭りが始まるらしい。

今年は、サムの三人の娘とハルと私で出かけた。朝方4時ごろ、ブルックリンミュージアム近くからはじまるパレードは、いろんなダシにのったスチールドラムとかの楽器をつんだ音楽隊がメインで、その周りについてみんなで踊りながら練り歩く。赤、緑、青、黄色とかのインクがどこからか降ってきてて、白いベビーパウダーもバフバフまかれてて、気がついたらもう髪とか顔とか服とかがえらいことになってた!

夜が明けると、いい匂いがどこからともなく。。。

通行止めになった大通りにウェストインディアン料理の屋台が並んで、そろそろ料理を提供し始める。お腹がすいたのでチキンパティをほおばりながら、車を止めたところまで歩いて帰ったけど、夜中じゅう踊って歩いてたのでもう足が棒状態やった。

パレードは夜中でみんなで踊りながら練り歩くのは、いわば予行練習みたいなもんらしく、10時すぎごろから派手な衣装の豪華絢爛ダシのパレードがはじまるということやったけど、さすがにしんどくて早々に退散してしまっけど、なかなか楽しかった。

ハルはジャパン・ディもいきたーい!とはりきってたけど、調べてみたら今年はもう7月に終わってたのね。残念。

Kevin Ovenden, FreeGaza, talked about Israel’s attack on aid ship

木曜日の夜、ブルックリンの古い教会でひらかれた集会にいってきました。集会では、ガザ支援船に乗船していたフリーガザムーブメントのメンバーの話しがあり、船のなかで撮影された映像も流されました。

この教会は、日ごろからブルックリンのこの地域でさまざまな社会運動を積極的に行ってきた場所で、代表者のハーバート・ドートリーさんはサムのユニオン、TWUのロジャー・トゥーサンが2005年のデモの責任問題で投獄されたときに、釈放を訴えサポートしてきた人だそう

参加者は約150人くらい。教会自体がそれほど大きな建物ではないので、一階と二階の席がほぼ満席という感じでした。それでも取材が多かったのが目立ってました。教会に入る前から二つくらいのカメラクルーがいましたし、中には10台ほどのカメラが稼動していました。

パレスチナ系英国人のケビンさん(写真)のお話しはとても力強いもので、印象に残っているのは、暴力に反対する人たちは、どこの国籍であれみな協力し合っていること、それがとても大きな力になること、イスラエルがガザの包囲を強行しても、ガザの人々への支援に暴力で襲い掛かっても、何度でも何度でも物資をもってガザに行き、人々への支援を続けるということが、イスラエルの包囲をとき、また暴力に勝つことなんだと語られたことでした。

そのあと、イアラ・リーさんが編集された、船のなかでのビデオの上映がありました。映像では、銃の音などが聞こえ、ヘリコプターで乗り込んでくる兵士、負傷した人々、イスラエルへ拿捕されていく様子などがありました。銃撃戦のような生々しい場面はなかったものの、一緒にいったハルはたいへんショックを受けたようで、「なんでイスラエルはあんなことすんの? あんなことしたらあかんやんって誰もが思うことやのに、なんでなんでわからへんの? なんでイスラエルの人はガザの人を閉じ込めてんの? ガザって何しはったん?」と、質問の嵐でした。

会場になった教会のあるブルックリンは、少し離れたところに大きなユダヤ人コミュニティがあるところで、昨日、一番最初にお話しされた教会の代表者のDaughtryさんは、「憎むべきは暴力であって、人々ではない。イスラエル政府の暴力は許しがたいが、このことでユダヤ人を憎むべきではないし、また、イスラエルへの抗議が反ユダヤ人になると考え、政府の暴力に口をつぐむことがあってはならない。この教会は地域の人々のためにあるもので、そのためにこういう会もここで行うのだし、イスラエルの人々にも、パレスチナの人々にも黒人にも白人にもヒスパニックにもアジア人にも、誰にも門戸をひらいている」と話されて、会場はスタンディングオベーションで応えていました。

とにかく支援を絶えずつづけていくことが、大きな力になるということを信じて、それを実行に移している人たちがここにいるんやって知るのは、とても勇気付けられることでした。

多くの人には届きにくい声を伝えようと地道に翻訳やってるTUPの活動も、続けることに意味があるし、絶対なんかの力になってるって思わさせてくれました。

会の最後に、現地にはいけないけれどウェブなどから参加の表明をした署名は2000人以上にのぼると報告され、TUPのメンバーやガザの支援してる人たちがメールをまわして署名集めてたことも、ちゃんと受け取ってる人たちがここにいて、そのことにみな元気をえてるんや、署名もネットのなかで空回りしてるんじゃないんやって目の当たりにできて、そんなことにもちょっと感激しました。

初オーケストラ

ハルのはじめてのオーケストラコンサート。一人での演奏発表会のときは、みてるこっちがどきどきしたけど、オーケストラだと案外安心してみてられるもんでした。

写真に写ってない向かって左側はバイオリンがずらりと並んでいた。ハルは奥の、後ろのほうに座っているのでどれがハルだかわかんないね。

一番よかったのはファンタジアからタイの王国の曲やけど、そんな曲あったっけ?と思うくらい聞いたことがなかった。 でも、学生たちも一番楽しんでたし、みていたTUAも「うわー、ちょーかっこいいー」と少し年上のオーケストラを憧れのまなざしでみてました。

Dalai Lama

Jinちゃんのオフィスのオーナーの奥さんのいとこ、という近いような遠い関係の人がチベット仏教の僧だということがわかった。全然西欧人なのに、なにゆえチベット仏教の僧になったのかは興味深々なんだけど、そのジョージさんは舞台中央(ダライラマが鎮座されているところ)に向かって左側に座っていた。そのジョージさんにラジオ・シティホールで、ダライラマのお話しを聞くチケットをいただいたので、ジンちゃんと参加。

ダライラマといえば、2000年に京都精華大学でお目にかかって以来。少しお年を召されたなという感じはしたけど、声や、ときおりまぜるジョークや、自分のジョークにくっくっと笑うかんじなんかはそのままでした。

精華のときとちがって、今回は経典の解説のみ。会場からの質問とかは一切なし。「空」という概念についていろいろと説明されていた(ように思う)。しかし、英語で仏教概念をきくのはほんとに難しい。ま、仏教概念だけじゃないけどね。うん。

#精華のネイチャーメッセージとしてダライ・ラマのお話しとか学生に向けてのメッセージとかがあったのだけど、もうサイトのなかには見つからない。残念。
だけど、http://www.kuniomi.gr.jp/geki/ryu/kyodarai.html にテキストが落としてあった。感謝。

International Auto Show

今日は一日、オートショーにでかけた。サムはこのジープが欲しい、、、となかなかここから離れなかった。

なかにはカラオケをつんでる車とかもあって、ノリノリで歌う姿をビデオ録画してみれたり、面白い車がたくさん。なかでも、市販はされてないインフィニティが展示されてて、その美しさにはまいっちゃった。サイドミラーもついてないけど、6台のカメラでなかから確認できるのだそう。

私のお気に入りはミニの電気カー。これも市販はまだで、いまは登録した人が年契約で借りることができるのだそう。でも、ひとつき800ドル以上するんだって。まだまだ手は届きません。