Tag Archives: palestina

Movie : Junction 48

Film for a life of Palestinian young couples story.
Kareem (Tamer Nafar) is a young rapper who live in a crime-ridden Arab ghetto of the mixed city of Lyd. He have to get through family, and friend tragedy. those experience motivates him to do something more with his life.

パレスチナ人とユダヤ人が混合する街、イスラエルのロード(Lyd)に暮らすラッパー、カリーム(Tamer Nafar)とガールフレンドのマナー(Samar Qupty) 。ザクッと言ってしまえば、人生の目的もなく漠然とその日をおくるカリームが、ガールフレンドに家族から結婚の圧力がかかっても「いやー、カネもないし、まだまだ歌っていたいし、まだそんな気になれない」とのらくらかわすんだけど、家族や友人に起きる不幸を経験していくうちに成長していく、という物語。彼らの暮らしには否応なく政治的な圧力がかかるわけで、そういう状況がカリームに「俺は政治的な歌をつくってるんじゃない、自分たちの暮らしをラップにしてるだけ」といわせる。

面白かった、というか「わかるわー」って共感したのは、カリームの両親の部屋にはレーニンの肖像画が、ガールフレンドのマナーの部屋にはカフィ―ヤを巻いたチェ・ゲバラの肖像画が、そしてカリームの部屋には2パックの絵が大きく壁に描かれていたこと。夫をなくしたカリームの母が、スピリチュアルな世界に傾倒して占い師/祈祷師(?)みたいなことをしていくんだけど、それを手伝わされるカリームの弟が「運動家の母親のほうがまだまし」って文句いうところ。マナーの叔父とか従兄が「家族の女」を守ろうとしてカリームに文句つけるところなんて、自分自身の遠い過去を思い出してしまった。

「マジョリティから様々な権利を奪われるマイノリティ」は古今東西を問わず、似たような社会的構造のなかに押し込められていることがよくわかる映画だった。社会の主勢力からはじき出されるだけじゃなく、マイノリティのなかでも強い勢力に利用され絞りとられていく。自分は何もないと思ってる若い子たちはたやすくギャングに取り込まれもする。目の前にあるもの、身近につかめるものをつかみ、押しのけて、社会の一番底辺から少しでも上へ上へと這い上がろうとする。そのうちに多くの若者が、這い上がることそのものに人生の目標をおくようなっていく。そういうことを切り取ったような映画だった。

日本とか、アメリカとか、ヨーロッパとかで、いま台頭しているポピュリズムを目の当たりにしていると、自分たちが不幸なのは仕事を奪う異人がいるからと、「純粋主義」を標ぼうする人にこそ見て欲しい映画だけど、そういう人たちはこういう映画みてもなーんにも感じないんだろうなぁ、なんてつらつら考えてた。だけど、よく考えてみれば「8マイル」で描かれるエミネムには激しく共感するんだろう、ね? エミネムとカリームの間にはそんなに遠い距離はないとおもうんだけど、エミネムに共感する白人貧民層のみなさんはごそっとトランプに持っていかれてるわけで。なんかそういう構造をかんがえると、虚しくも悲しくもなるのだけど、考えてみればトランプ支持のラストベルトの皆さんとの対話の糸口はその辺にあるのかもしれない。

Advertisements

Bernie Sanders: Treating Palestinians with Respect & Dignity Does Not Make Me Anti-Israel

Democracy Now! からのトランスクリプト。ヒラリーとバーニーのイスラエルに対する見解がはっきり違う。以下はトランスクリプトを翻訳したもの。

http://www.democracynow.org/2016/4/15/bernie_sanders_treating_palestinians_with_respect

木曜日の議論でバーニー・サンダースは、イスラエルは2014年のガザ襲撃で比較にならないほど巨大な軍事力でおよそ1500人のパレスチナの民間人を殺害したと繰り返し主張した。サンダースは「私たちがこれから、憎悪に満ち、戦闘が繰り返されたこの地域に平和をもたらそうとするなら、パレスチナの人びとに敬意と尊厳を払わなければならない。米国と世界の国々は協力してパレスチナの人びとを助けることを信じている。このことで私がイスラエルに反対することにはならない」と述べた。


ホァン・ゴンザレス:私はさっきも言ったように編集委員会の会議中でしたが、バーニー・サンダースが、ニューヨーク市で、イスラエルとパレスチナ問題を取り上げた勇気に驚きました。彼は一歩も引くことなく、イスラエル―パレスチナ紛争にむけて、合衆国の視点から、受け継がれた政策でさえ、より公正でなければならない、また、入植地の撤退はパレスチナ領土では違法だと言いました。イスラエルとパレスチナの問題となると、アメリカの政治家は勇気をもってはっきりと公言しないのを皆知っているので、彼が自分の立場を維持しているのに驚いていました。

エイミー・グッドマン:では昨夜の問題についてどうぞ。昨夜のカギとなる議題です。司会はウルフ・ブリッツァーです。


バーニー・サンダース議員:さして広くもないガザ地区で、およそ1万人が負傷し、およそ1500人が殺害されました。

聴衆:パレスチナに自由を!

バーニー・サンダース議員:「あれは度を越えた攻撃だったか?」と私に尋ねるのなら、いや、私だけでなく世界中の国に尋ねるのなら、そうだと、私はそう信じていると答えます。言わしてもらえるのなら、長期間、100%親イスラエルの人間として――それは易しいことではありません。神のみぞ知る、です――あれだけの憎悪とあれだけの戦闘をみてきたこの地域に平和をもたらそうとするのなら、我々はパレスチナの人びとを敬い、彼らの尊厳を尊重しなければならないでしょう。言わないことになっていることを言うと、たったいま現在のガザの失業率は40%あたりになっています。地域のほとんどは修復されておらず、破壊され、家は壊され、医療はつぶされ、学校も壊されています。私は、米国と世界の国々は協力してパレスチナの人びとを助けなければならないと信じています。このことで私は、反イスラエルとはならない。それは道を開くのだと思います。

ウルフ・ブリッツァー:ありがとうございます、議員。

バーニー・サンダース議員:中東にはそのようなアプローチが有効だと思います。

ウルフ・ブリッツァー:ありがとうございます。クリントン国務長官、あなたはイスラエルはパレスチナの攻撃に過剰反応し、イスラエルとパレスチナの間に和平をもたらすには、イスラエルは「過剰な反応」をやめるべきだというサンダース議員に同意しますか?

ヒラリー・クリントン:私は2012年11月にイスラエルとハマスの停戦を交渉しました。ラマラーに拠点を置くパレスチナ自治政府のアッバス議長との合意でやりました。私はネタニヤフ首相やイスラエル内閣と緊密に協力し、カイロを拠点とする当時のムスリム同胞団のモルシ大統領と交渉しました。25年にさかのぼってイスラエル当局と共にいたことで、今ここで言えるのは、彼らはこのような攻撃を求めていないということです。彼らはロケットが自分の町や村に雨のように降り注ぐことを招いてはいません。イスラエルが、イランの援助を受けてけしかけられたハマスから恒常的に挑発されるべきだとは思っていません。


エイミー・グッドマン:ブルックリンで行われた昨夜のヒラリー・クリントンとバーニー・サンダースの議論でした。ニューヨークの予備選前の最後の議論です。
木曜日、サンダースのキャンペーンは一時中断しました。新しくナショナル・ジューイッシュ・アウトリーチ・コーディネーターとして雇ったばかりのシモーヌ・ジマーマンが、雇われて2日後にイスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相についての批判をフェイスブックに載せていたことが発覚したためでした。


During Thursday’s debate, Bernie Sanders repeated his assertion that Israel used disproportionate force during its 2014 assault on Gaza that killed nearly 1,500 Palestinian civilians. “If we are ever going to bring peace to that region, which has seen so much hatred and so much war, we are going to have to treat the Palestinian people with respect and dignity,” Sanders said. “I believe the United States and the rest of the world have got to work together to help the Palestinian people. That does not make me anti-Israel.”

TRANSCRIPT

This is a rush transcript. Copy may not be in its final form.

JUAN GONZÁLEZ: And I think that—but I was, once again, surprised, as I was during the editorial board meeting, by the courageous stand that Bernie Sanders has taken over—in New York City—over the issue of Israel and Palestine. And he has not backed down at all that he believes that there has to be, from the perspective of the United States, a more fair and evenhanded policy toward the Israeli-Palestinian conflict or to the removal of the settlements that he says are illegal in Palestinian territory. So I’ve been amazed that he has continued to maintain that position, because we know that American politicians are not exactly profiles in courage when it comes to the issue of Israel and Palestine.

AMY GOODMAN: Well, let’s go to that issue last night, a key topic during last night’s debate. This is the moderator Wolf Blitzer.

SEN. BERNIE SANDERS: We had in the Gaza area—not a very large area—some 10,000 civilians who were wounded and some 1,500 who were killed.

AUDIENCE MEMBER: Free Palestine!

SEN. BERNIE SANDERS: Now, if you’re asking me—not just me, but countries all over the world—”Was that a disproportionate attack?” the answer is, I believe it was. And let me say something else. Let me say something else. As somebody who is 100 percent pro-Israel, in the long run—and this is not going to be easy, God only knows—but in the long run, if we are ever going to bring peace to that region, which has seen so much hatred and so much war, we are going to have to treat the Palestinian people with respect and dignity. So, what is not to say—to say that right now in Gaza—right now in Gaza, unemployment is somewhere around 40 percent. You’ve got a lot of that area continues—it hasn’t been rebuilt—decimated, houses decimated, healthcare decimated, schools decimated. I believe the United States and the rest of the world have got to work together to help the Palestinian people. That does not make me anti-Israel. That paves the way, I think—

WOLF BLITZER: Thank you, Senator.

SEN. BERNIE SANDERS: —for an approach that works in the Middle East.

WOLF BLITZER: Thank you. Secretary Clinton, do you agree with Senator Sanders that Israel overreacts to Palestinian attacks, and that in order for there to be peace between Israel and the Palestinians, Israel must, quote, “end its disproportionate responses”?

HILLARY CLINTON: I negotiated the ceasefire between Israel and Hamas in November of 2012. I did it in concert with President Abbas of the Palestinian Authority, based in Ramallah. I did it with the then-Muslim Brotherhood President Morsi, based in Cairo, working closely with Prime Minister Netanyahu and the Israeli Cabinet. I can tell you right now, because I have been there with Israeli officials going back more than 25 years, that they do not seek this kind of attacks. They do not invite rockets raining down on their towns and villages. They do not believe that there should be a constant incitement by Hamas, aided and abetted by Iran, against Israel.

AMY GOODMAN: That was Hillary Clinton and Bernie Sanders last night in the Brooklyn debate, the last one before the New York primary. On Thursday, the Sanders campaign suspended its new national Jewish outreach coordinator, Simone Zimmerman, two days after she was hired, after revelations that she had posted criticisms about Prime Minister Benjamin Netanyahu of Israel on Facebook.